改正法成立をアピール=全国郵便局長会総会に初出席―野田首相

 野田佳彦首相は27日午前、札幌市内で開かれた全国郵便局長会(全特)通常総会に出席し、今国会で議員立法により改正郵政民営化法を成立させたことに関し「民主党代表選で郵政問題を唯一取り上げたのは私だった。


郵政民営化の最大の弊害は地域のきずなが断ち切れたことだ。それを復活させる法案が成立した」と意義を強調した。
 
全特によると、民営化以前の全国特定郵便局長会時代も含め、現職首相の総会出席は初めて。首相としては、小泉政権時代の郵政民営化見直しをアピールするとともに、次期衆院選に向け、全特との関係強化を図る思惑がある。時事通信

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック