上海株式、三日続落が意味すること

  下落、続落、そして「暴落」がみえてきた上海株式  経済対策ゼロの習近平新政権へマーケットから皮肉の「御祝儀」


 反日がずしりと祟った。

中国の製造業不振、輸出陥没、積み出し港に在庫の山。町は失業者の洪水。

 反面で海外投資家の市場からの撤退。自動車産業の不振。不動産は大量に売れ残り、多くの開発区はゴーストタウン化している。

 11月27日から始まった上海株式市場の下落は09年1月以来の2000ポイントを割り込んで三日続落し、29日は1963.49ポイントとなった。他方、日経ダウは、次の安倍政権が視野にはいり、連騰を続けていて実に対照的である。

 上海株の銘柄のなかでも、とりわけ資源株が続落し、ペトロチャイナが12・6%下落、シノペックが18%下落を示し、エネルギー消費の急激な落ち込みを象徴している。対中輸出で気を吐いてきた英豪企業「リオ・テント」社は鉄鉱石の減産を表明している。

 もっと象徴的な現象は「香港ディズニーランド」の不振である。

 いまや客足も減退、中国大陸からの観光客だけで持っているが、東京ディズニーランドに比べると規模が小さく、アトラクションが少なく、まるで魅力がないからで、営業続行が危ぶまれているとウォールストリートジャーナル(30日付け)が報じている。

 ピーク時に6000ポイントだった上海株指標が三分の一以下に割り込んで、成長中国の神話が終了したことをいみじくも物語った。

経済無策の習近平新政権へ、これはマーケットからの皮肉な御祝儀ではないのか。宮崎正弘の国際ニュース・早読み」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック