「100年後に生き残れる企業の共通項」

以前、こういう話を聞いた。

ある人が地方都市に旅行し、市役所の人に
古くからある神社を案内してもらった。

その神社は50年前に修復を行い、
100の会社が協賛、寄付をしてくれた。

さて、50年経ったいま、そのうち何社が
残っていると思われますか、と市役所の人に質問された。

読者の皆さんはどう答えられるだろう。


残ったのは、たった1社である。
それも業態を変えて、残ったのである。



では、100年後に生き残れるのはどれくらいか。
1,000社のうち2,3社が定説である。


生存率0、2,3%。

企業という生命体を維持発展させていくことが
いかに難しいかをこの数字は示している。

その中で何百年にもわたって
存続発展しているところがある。

本号にご登場いただいた
裏千家、虎屋はともに五百年の伝統を有している。
ちなみに日本には200年以上続いている会社が
3,000社ある。
韓国はゼロ、中国は9社だという。

何百年も続く老舗を観察すると、
共通のものがあるように思える。


1つは創業の理念を大事にしていること。

その時代その時代のトップが常に創業の理念に命を吹き込み、
その理念を核に時代の変化を先取りしている。

2つは情熱である。
永続企業は社長から社員の末端までが目標に向け、
情熱を共有している。『致知


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック