ユーロ圏製造業が一段と悪化

安倍政権が不況脱出のため、財政・金融政策に重点を置いたのは正解と
いえる。民主党政権下で円が世界で最弱の通貨となってしまった状況を、
早急に改善せねばならない。


他山の石とせねばならぬのは、ユーロ圏の状況であろう。英ロイターは
世界の主要国・地域における製造業指数は、ユーロ圏で一段と低下する
一方、米国と中国では引き続き改善の兆しが見られ、対照的な内容とな
った、としている。インド製造業PMIは54.7と6カ月ぶりの高水準
となった。

[ワシントン/ロンドン 2日 ロイター]2日までに公表された12
月の主要国・地域における製造業指数は、ユーロ圏で一段と低下する一
方、米国と中国では引き続き改善の兆しが見られ、対照的な内容となっ
た。

マークイットが発表したユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)
改定値は46.1で、速報値の46.3から下方改定され3カ月ぶりの低水
準となった。50が景況感の改善と悪化の分岐点で、2011年8月以降、50
を割り続けている。

新規受注の悪化が響き、2012年第4・四半期にリセッション(景気
後退)が一段と深まった可能性を示唆する格好となった。

これに対し米供給管理協会(ISM)が発表した12月の米ISM製造
業景気指数は50.7で、前月の40.5から上昇、50台を回復した。同国
経済の勢いを表す新たな兆候となった。

ウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズ(ミズーリ州)の首席マクロスト
ラテジスト、ゲーリー・サイヤー氏はISM景気指数について「年末に
製造業が持ち直していることを示し、業況の安定化がうかがえる」と分
析した。

一方、欧州の大半では低調だった。落ち込みがユーロ圏中核国へとさら
に拡大した。

キャピタル・エコノミクスのジョナサン・ロインズ氏は「これら調査は、
景気後退がかなり進んでいることを示唆する。ドイツの産業部門が大き
く落ち込んでいるとすれば、どこがユーロ圏全体の成長源となるのかを
見通すことは相当困難だ」と話した。

製造業PMI指数はドイツが46.0と、11月の46.8から低下し、 10カ
月連続で分岐点の50を割り込んだ。フランスも過去17カ月中、50を上回
ったのは1カ月にとどまっている。

スペインも11月から低下。イタリアは上昇したものの、17カ月連続で50
を割った。ユーロ圏で12月改定値が50を上回ったのはアイルランドのみ
だった。

ただ英国は51.4と、2011年9月以来15カ月ぶりの高水準となった。50
を上回ったのは昨年3月以来。

<中国は回復か>

一方、中国国家統計局が1日発表した12月の製造業PMIは50.6だっ
た。11月のPMIは7カ月ぶりの高水準で、12月もこの水準に並んだ。

HSBCが12月31日に発表した中国の製造業PMI改定値も51.5と
2011年5月以来となる高水準を記録、中国経済が第4・四半期に上向い
たことを示唆してい

またHSBCが発表した12月のインド製造業PMIは54.7と6カ月ぶ
りの高水準となった。(ロイター)>  古澤 襄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック