三河島事故の身元不明者

1962年(昭和37年)5月3日21時37分頃、東京都荒川区の日本国有鉄道
(国鉄)常磐線三河島駅構内で列車脱線多重衝突事故が起きた。


「国鉄戦後五大事故」の1つである。私は既にNHK記者になっており岩手県の盛
岡放送局に所属していた。東京で初のオリンピックが開かれる2年前。

常磐線三河島駅構内で、貨物線から進行方向右側の下り本線に進入しよ
うとした田端操車場発水戸行の下り第287貨物列車(D51364牽引、45両編
成)が、出発信号機の停止信号を行き過ぎて安全側線に進入し脱線。先
頭の機関車と次位のタンク車(タキ50044)が下り本線上に飛び出した。

そこへ三河島駅を1分遅れの上野発取手行きの下り第2117H電車(6両編成)
が下り本線上の貨物列車に衝突。2117Hの先頭車と2両目の車両が脱線し、
上り本線上に飛び出した。

さらに約6分後、その現場に上野行きの上り第2000H電車(9両編成)が進
入し、上り本線上に停止していた2117Hの先頭車と衝突した。

これにより2117Hの先頭車と2両目の前部が原形を留めず粉砕された。上
り2000Hは先頭車が原形を留めず粉砕され、2両目は築堤下に転落して線
路脇の倉庫に突っ込み、3両目も築堤下に転落、4両目が脱線した。

結果、死者160人、負傷者296人を出す大惨事となった。

最初の下り貨物列車の脱線の原因は、機関士の信号誤認とされた。これ
は錯覚の一つである、仮現運動によって信号の誤認が起こったという報
告がある。

287列車は通常では三河島駅を通過してそのまま下り本線に入るが、当日
は2117Hが遅れていたため、三河島駅で2117Hを待避することになった。

しかし機関士は三河島駅の場内信号機の黄信号を見落として駅構内へ進
入し、出発信号機の赤信号に気付き慌てて非常ブレーキを作動させたも
のの、減速が間に合わず安全側線に進入、脱線したとされた。

また、最初の衝突の後、約6分間にわたって両列車の乗務員も三河島駅職
員も、上り線に対する列車防護の措置を行わなかったことが、上り2000H
電車の突入の原因になった。

事故現場は駅構内とはいえホームからは遠い地点で暗く、駅員には状況
が把握しにくく、上り列車の進入までは短時間であり、列車乗務員が負
傷するなど迅速な対応がとりにくかったともいわれる。

貨物列車と下り2117H電車の衝突後、2117H電車の乗客は、桜木町事故の
教訓をもとに分かりやすく整備された非常用ドアコックを操作して列車
外へ避難していた。

その時点では死者は出ていなかったが、2000H電車が突入した際、線路上
に降りていた多数の乗客を巻き込んだことで、これほどにまで人的被害
が拡大する結果となってしまった。

この事故を機に、自動列車停止装置(ATS)が、計画を前倒しにする形で
国鉄全線に設置されることになり、1966年(昭和41年)までに一応の整
備を完了した。

この事故を承けて全列車に軌道短絡器など防7つ道具の整備を行い、常
磐線に乗り入れる全列車を対象にまず信号炎管が取り付けられ、のちに
列車防護無線装置が開発され装備された。

人間工学・心理学・精神医学的見地から職員の労働管理を行うことが求
められた。この対策として中央鉄道学園能率管理研究所と厚生局安全衛
生課を統合し、1963年(昭和38年)6月に鉄道労働科学研究所を設立した
(現在は組織統合により鉄道総合技術研究所となっている)。

最初の衝突から上り2000H電車の進入までの約6分の間、列車防護の措置
を怠ったことが問題視されたことから関係責任者が起訴され、287列車の
機関士・機関助士、2117H電車の乗務員、三河島駅助役・信号掛にそれぞ
れ禁錮3ヶ月~8ヶ月の有罪判決が言い渡された。

慰霊のため建立された聖観音像未だに身元不明の犠牲者が1人おり、駅
近くの寺に無縁仏として葬られている。

線路を歩いて事故に巻き込まれた、20代後半から30代ぐらいの丸顔の男
性で、身長は163cm、手に数珠を持っていたと言われている。遺体からモ
ンタージュ写真が作成され公表されたが、知り合いであると名乗り出た
人はいない。

事故の犠牲者の中には、当時の人気漫才コンビであった栗友一休・三休
の栗友一休も含まれている。事故後、栗友三休は春日三球として再起し
た。

事故発生から1年後に駅北東の浄正寺に慰霊聖観音像が建立され、現在も
献花が続けられ当時の惨事をしのばせる。

国鉄はこの事故をきっかけに、保有するプロ野球球団国鉄スワローズを
フジサンケイグループに売却することになった。(再掲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月13日 20:07
ただコピペして、URLも載せずに、とんだダメ記事ですね
2020年06月01日 03:52
おっ、当時の記者というだけに現場の生々しい証言が得られると思い、でもそれにしてもWikiからの引用(コピペだけど)長いなぁ。その辺のことは分かってるから、証言はよ!って思ってたら引用のまま終わりやがった。

この記事へのトラックバック