たかじん“無謀復帰”が裏目

“関西の視聴率男”やしきたかじん(63)が8日、無期限休養に入ると自身のホームページで発表し、関西のテレビ関係者の間に衝撃が走った。

 
関西テレビ「たかじん胸いっぱい」、テレビ大阪「たかじんNOマネー」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」とレギュラーを3本持っているが、今月に入り番組を休んでいた。たかじんは復帰を焦ったが影響は大きく、再び休養という最悪の結果を招いてしまったようだ。

 初期の食道がんで約1年2か月間、治療に専念し復帰したのが、今年3月。その後は毎週仕事をこなしていたが、見た目は明らかにやせていた。本人声明では「主治医による検査診断の結果、疲労による食欲不振や睡眠不足などから起こる体力の低下が見られ、しばらくの間休養を要するとの指示が出ました」とし、休養期間は未定とした。

「たかじんさんは見た目をすごく気にするタイプ。『体重が元に戻るまで絶対に復帰せえへん』とかたくなに話していたのに、無理して復帰した」と裏事情を明かすのは、在阪テレビ局関係者だ。なぜそんな無理を?

「たかじんさんの番組は全て冠番組。それなのに自分が1年以上も休んでしまった。局側も長期の休養に『冠を外そう』という動きになったが、それを察知し、無理をして戻ったんです。スポンサー離れも深刻だったんでなんとか現状を打開したかったんでしょう」

 聞けば「実際は気弱な人だけど、『強いたかじん』を演じている」といい、「今回はそれが裏目に出た」と同関係者は指摘する。

 この日、在阪各局は対応に追われた。同日に収録を行った「――いっぱい」では、代役司会の大平サブロー(57)が「ちょっと体調がしんどいのかな。この仕事は楽そうに見えて、なかなか大変なんやで」と心配した表情。今春からゴールデンに昇格した「――NOマネー」は、土曜夜の約2時間放送を昼すぎからの1時間番組に変更する(18日から)。

 満を持しての復帰ではなかっただけに、再休養となったたかじんの病状が心配される。東スポWeb

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック