教育を語る、親として、母として(講演録 2)  中山 恭子

 私自身國家といふのは當たり前だといふ風にして何の考へもなく國家の意
思の問題ですと傳へました。


それは中央アジアの(資料を出して頂けたらと思ひますが)1999年から2002年、この拉致問題に關はっだのが2002年の9月ですから、8月に退任しましたので、ウズベキタン共和國の特命全權大使を3年間務めて戻って來たところでございました。

中央アジアという國について日本の中ではまだ殆ど知られてゐないかと思
ひます。中國を挟んで西側、中國の西の國境、長い國境を接しているそこ
に5つの國があります。ソ聯の中に含まれてをりましたので、日本では
「ソ聯」といふ一括りで考へられてをりました中のそれぞれの國について
殆ど知らされてをりませんが、スタンというのは地域、國と考へて頂いて
いいと思ひます。

ウズベキスタンといふのはウズベックの國、トルクメギスタン、それから
タジキスタン、キルギスで5つの國があります。ウズベキスタンとタジキ
スタンの大使をしてをりました。

このキルギスで拉致事件、人質事件が起きたのを覺えてらっしゃいますで
しょうか。1999年の8月でした。8月に着任して12日くらゐの時に事件が
起きました。

キルギスで起きたんですが、このあたりは非常に國境が入組んでまして、
日本人の鑛山技師四人を拉致した犯人といふのはタジキスタンに據點を
持ってゐました。この8年前、1991年にこの5つの國が獨立してゐます。
獨立した後、それぞれの國の中で激しい抗爭がありました。

ウズベキスタンはカリモフ大統領といふ方の下でカザフも世俗國家です。
ところがこの地域、さうですね八世紀ごろに唐とアラブが戰ふことがあり
ましてですね、唐が大敗するんです。

その時にアラブが入りましたので強制的にイスラム化されてゐる地域なん
です。ただ非常にラフなイスラムでして、女性達はノースリーブやミニス
カートも平氣で穿いてますし、所謂ラマダンといふ斷食でも、大使館に勤
務してゐた現地雇ひの人々も平氣でお水は飮みますしお晝ごはんも食ぺて
ゐます。

ラマダンしっかりやってる人ゐないのって聞いたら搜しますって言って傳
へてきたのが、「居ました一人、ラマダンやってます」、40人くらゐ、警
備の方もいらして4、50人ゐる中でそんな状態。

ただ、お葬式とかさういふ時にはイスラム風に、日本の佛教よりはもう
ちょっと違ふかも知れませんが、非常に明るい人達なんてすが、そのタジ
キスタンは獨立した後、内亂状態になりました。

イスラム國家を創りたいといふその動きと世俗のままいかうといふ二つの
勢力がぶつかって内亂状態になりました。

その内亂状態の激しい戰鬪が繰り廣げられてゐたその一つの原因は當時ア
フガニスタンにタリバンとかアルカイーダができてまして、アフガニスタ
ンと長い國境を接してゐますタジキスタン、ウズベキスタン、トルクメギ
スタンもアフガニスタンと國境を接してゐます。

でこの一番長い國境を接しているタジキスタンにアフガニスタンからイス
ラム原理主義グループが入っていったといふ事で戰鬪が激しくなって内亂
が收まらない状態になってゐました。

その内亂を戰ってゐたイスラム原理主義グループの者がタジキスタンだけ
ではなくてウズベキスタンにも自分達のイスラム國家を創らうといふ動き
があって、ウズベキスタンに向って行った途中、キルギスで日本人鑛山技
師を拉致したといふ事件でした。

そんな事もあってこのグループは1日か2日で夕ジキスタンの方へ人質を
連れて自分の據點があるところに戻ってしまひました。私自身はウズベキ
スタンと夕ジキスタンを管轄してをりましたので、自分の管轄してゐる地
域に、人質になった日本人を連れた犯人グループが入ってきました。さう
いふ状況でしたので大變緊張しました。

これまで戰後かういった事件が起きた時の外交政策は、その事件が起きた
國にすぺてを任せる、救出も責任も、あらゆる事を任せるといふのが日本
の戰後の外交のあり方でした。今囘この時も同じ樣に、その時の外務省の
人が惡いといふわけではないと思ってゐるんですが、これまで通りにキル
ギス政府にすべてを任せました。

ところが犯人も人質もタジキスタンに入って來てゐます。國が違ふところ
に任せても救出することはできません。私か動かうとしましたんですが、
情報をとるだけでよろしい、それ以外は動くなといふのが政府の方針でした。

でも、イスラム系原理主義グループの動きを見れば日本人が撃ち殺される
といふ事が目に見えてゐる情報が入ってきてをりました。

そこのウズベキスタン大使館の日本人で10人ぐらいしかゐない小さな大使
館ですけれども、偶々このアフガニスタンやウズベキスタン、タジキスタ
ンの情報をもった若い外交官がをりまして、その人を中心にして、ほんと
に若手の職員がどうしても救出したいと言ったら、僕達もやりますと言っ
てくれました。

大使館の小さい中で必死で救出にあたりました。お蔭さまでこのタジキス
タンの大統領、ウズベキスタンの大統領、そしてタジキスタンで内亂を
戰ってゐたイスラム勾當のグループ。

これはイスラムの中でも過激派ではない、アフガニスタンから來た、イス
ラム原理主義ブルーフではない鬪士と接觸することができて、この方々が
一緒になってこの拉致したイスラム原理主義グループの仲間を取り圍んで
警告の中で絶對動けないカタチで取り圍んだ上で、日本人と現地人の人た
ちを救出してくれました。

かういった拉致事件が起きてそれぞれの國にお禮に行きましたら、%「起
きて」でなく「起きた」ではないか。

「自分たちとしては當然のことをしただけですよ。」カリモフ大統領もそ
れからタジキスタンのそれぞれの方々みな、さう言ってくれました。

そしてその後仕事を始めました。この動きは日本では殆ど知られてをりま
せん。キルギスタン政府が救出したといふ事になってゐますが、中央アジ
アの人々はみんなこの動きをよく見て知ってゐます。そんな事もあって、
その後仕事をする時にほんとに樂に出來ました。

それは、この中央アジアで日本人が何らかの被害に遭ったら大使が命懸け
で救出にあたる。日本といふのはさういふ國なんだ、それを理解してくれ
ました。そして確實な信頼を與えてくれました。

そんな事もあって仕事をしていく上で、日本とは、なんて全く説明する必
要はありませんでした。さらにこの中央アジアでは、もっと根っこの部分
で非常に強い日本に對する信頼、親日の動きがありました。

イスラム化されてをりますが、それ以前には佛教が非常に盛んなところで
したので至る處に佛教遺跡がある地域です。それから拜火教も當時盛ん
で、イスラム教化された後はすべて消えてしまってゐるんですけれども、
いろんな宗教がいっしょに存在してゐた地域です。

サマルカンダのレギスタン宮、の劇場の左側の壁にプレートがあります。
ロシア語、英語、ウズペギ語、日本語の4枚のプレートが掛かってゐて、
1945年、46年に極東から連れて來られた日本國民がこの建物の建設に携は
り、出來上がるのに貢獻した、さういふ文言が書かれてゐます。

すぐお解り頂けますよね。45年、46年、極東からたくさんの人達が西に運
ばれた。本來であれば東で、日本に戻る人々が西に運ばれて各地で重勞働
に從事させられました。特にウズベキスタンではこのナポイ劇場だけでは
なくて、大きな水力發電所ナカバルといふ市があってそこには大きな水力
發電所が造られてゐる。

まづはさっきの河、シルダリアといふ河、大きい河です。そこから水を引
いてまづ貯水湖を造ります。これも日本の人達が造ってくれたんです。そ
してその貯水湖から大きなパイプで水を落して水力で發電をし、使った水
をまた大きな運河でシルガリアに戻す。一連の大事業です。

それだけではなくて、どこへ行ってもウズベキスタンの中を走ってゐます
と「大便、この道路ね、日本の人達が造ってくれた道路なんだよ」。ア
パートに行きました時にはある年配の女性が「このアパートは日本人が
造ったアパートだから、絶對安全なんだ」。ものすごい自慢なんてすね。

で、自分は十二歳の時にここに移って來たんだけれども、あそこでその前
から軍が造ってゐた。日本の人達を覺えてゐる。モッコをしょって腰を屈
めて、土を運んでゐたよ。さういふ事を傳へてくれます。

私に傳へるだけではなくてみんなに傳へてゐるんです。その運河にも行っ
てみました。運河に架かってゐる橋の上で車を停めて立ちましたら今も
滔々と水が流れ遥か彼方までこの運河に沿って畑がずっと續いてゐました。

先程の水力發電のナカバル市の市長さんも日本人がこれだけ大きな貯水
湖、水力發電所を造ってくれて、一日も休まずにウズベキスタン全域に電
力を供給してゐます。そして水が貯まったお蔭で緑豐かな人がたくさん住
む町になりました。前はここは突風が吹くやうな砂漠地帶だったんですよ
と教へてくれました。

ウズベキスタンには十三ヶ所日本人墓地があります。これはその水力發電
所を造った時に亡くなった、土葬ですのでひとつづつかういふ風に埋葬さ
れてゐます。それからここあるやうな黒い、號が書かれたものがそれぞれ
の處に挿してあります。これも拔かずにありました。

この後、日本人と一緒に働いたといふ九十歳のお爺樣がをられる。もう亡
くなりましたが。「會ひますか」と言はれて是非と言ってお訪ねしまし
た。まづ最朷に日本人だと傳へましたら、「お墓に行ってくれたか。」と
いふのが最初の言葉でした。「今行って來ました。」と傳へましたら、あ
そこは自分のとっても大切な友人達が眠ってゐるんだよ。何て言ふんです
か…聲が出ませんでした。

このウズベキスタンでは日本人のお墓ではなくて、それだと更地になりま
すがとても大切な友人のお墓なんだ。そのお爺樣を中心に、ひ孫ぐらいの
方までずっと傳へてくれてゐます。しかもこの、レコバードだけではなく
てそれぞれの墓地を訪ねましてもみんなさうなんです。

「とても大切な人達が眠ってるんですよ」

かういふ答が返ってきます。

ただ、親を搜さうにも日本で隨分お聲掛けしましたけどゐませんでした。
たまたま一人、どうしませうかと相談する中で、ウズベクの人達が「日本
人は素晴らしかった、嘘をつかない人達だったし、とってもいい物を造っ
てくれた人達だといふやうな話をして、その方は「妹と貯金をしてきたけ
どお墓を整備してもらふために使ひます。」という事で、それではと言ふ
ことから墓地整備をしました。

〔スライドを示し〕

この眞ん中の方、もう亡くなりましたが、ここに自分の友人が眠ってゐる
と言ふ事で、墓地を整備した後、訪ねてくれました。櫻も植ゑたんです
が、水がないもんで、みんなでバケツリレーをし、育ててくれたりしてを
ります。ここの櫻は何本か殘ってゐます。

櫻は1650本、日本人のゆかりの土地に植ゑましたので、その中の半分くら
ゐから、今、花を咲かせてゐます。

ウズベキスタンの場合、この時の日本人違といふのは、殆どが死亡した時
の年齡は當蒔で三十ちょっとてす。ですから殆ど若い人達で 1928 年生ま
れといふ人が數人ゐました。

親から日本人の人々は非常に規律正しい人々、禮儀正しい人、そして物を
造るのがとても上手で、誰かが弱ってゐたらみんなで助け合ってゐた。そ
れと監視の人が居ても居なくても、いいモノを造ってくれた。何かをあげ
れぱ必ず自分の出來ることでお返しをしっかりしてくる。

さういふ律義な人達です。「あなたも日本の人を見習って大きくなりなさ
い。」さう言って育てられてきました。さういふ話が各地で傳はってゐます。

十三ヶ所お墓がありますからそこでそれぞれの場所で日本の若者達が働い
てゐました。どこに行っても同じ答が返ってきます。そんなこともあって
ウズベクの人々は非常に親日的しかも日本の人々のことを恥づかしくなる
ほど信頼してくれてゐます。

ここで働いてゐた人々は一つの隊が固まって移動してきてゐるわけではあ
りません。混成部隊です。そして混成部隊といふことは日本の一つの隊が
特に良かった、さういふ事ではないことを示してゐます。どの隊も同じや
うに、さういふ若者達がどこへ行っても同じ囘答が返ってくる。

一ヶ所のモノだけではなく日本の當時働かされた若者達といふのは、どこ
で、どこに行っても、どの隊をとっても同じだったんだと實感できます。

中央アジアに働いた人達だけではなく朝鮮半島に居た人達も、中國に居た
人達もみんな同じ教育を受け同じ考へで、日本にみんな同じ教育を受け同
じ考えで、日本に歸れるかどうかも分からない中で、日本人として恥づか
しくない、さういふ生活をし、恥づかしくないモノを造らうとして必死で
がんばった。これが實態です。

かういふ中で住んでゐますと、日本といふものの素晴らしさといふものを
改めて思ひ知らされますし、今の日本をウズベクの人々が見てどう思ふだ
らうかといふやうな心配にもなりますし、この時の日本の在り方がいろい
ろ問題があったかも知れませんが、日本が持ってゐるいいもの、當時頑
張ってゐた日本の若者達、この人達にほんたうに敬意をはらひ感謝をした
い素直にそんな氣持になります。

本日はお話させていただく機會を作っていただき眞にありがたうございま
した。

(講演は4月 27 日「NPO法人百人の會」總會でのもの。要録が同會の活
動報告6月 15 日號に掲載。漢字制限假名字母制限を無視することについ
ての許諾を得て入力、算用數字も基督教暦の年數以外は原則としてあらた
めたのは位取り式では苦しい箇所があったため。長いので2囘に分けての
後半。上西俊雄)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック