亀田和毅が世界王者になれた理由

スピードが乗ったストッピングジャブ

 

亀田3兄弟の末っ子、亀田和毅が泣きじゃくっていた。
 臙脂色のWBO世界バンタム級王者のベルトを肩からかけて殊勝なことを言う。
 「ベルトはオレの夢、オヤジの夢。小さい頃からの夢を達成出来て本当に嬉しいです」

 3兄弟揃っての世界王者は史上初の快挙だ。
 序盤から目に止まらぬスピードで圧倒した。ピンクグローブが眩しく感じた。速いジャブを上下にうちわけ、3連打、4連打の見栄えのいいパンチでジャッジの印象を高めながらリズムを作る。ナミビア出身の王者、アンブンダは、元来高いブロックをベースにした攻撃性に欠けたボクサーである。上背がなくアマチュアスタイルが抜けきれず怖さもない。ハッキリ言って2流の王者だ。スピードで敵わないから、接近戦を仕掛けようとするが、スイング系のパンチで揺さぶられ、時折、右をカウンター気味に浴びた。

 和毅はボディにもパンチを集めリスクのないボクシングで着実にポイントを稼いだ。亀田家は、判定勝利になると批判を浴びるケースが多いが、この3-0の判定勝利に異論を唱える人はいないだろう。それでも専門家は、この試合をどう見たのかが気にはなった。

 WBC世界フライ級王者、八重樫東(大橋ジム)に感想を聞く。
 「スピードが最後まで落ちなかった。相当な練習を積んだんでしょう。ジャブのボクサーでしょうね。ストッピングジャブと言われる種類のジャブで、相手にボクシングをさせず自分のリズム、ペースにもなる。今日は危険を侵さず勝ちに徹するボクシングをしましたね。たいしたものです。まだ22歳でしょう。僕の大学4年の年代です。比べ物にならないくらい完成度が高いと思います」

 私は、数年前、大阪は天下茶屋の喫茶店で聞いた亀田和毅の父・史郎さんの話を思い出していた。目の前に座った亀田父は、熱く3兄弟世界王者の夢を語り、3男、和毅の天才ぶりを話し始めると止まらなくなった。
 「ひとつ教えたら次の日には自分のモノにしている。3兄弟でセンスは一番。亀田家の最終兵器や」

 亀田家の最終兵器。

 その言葉に嘘はなかった。
 亀田父の「壊れたボクサーになって欲しくない」との哲学から、興毅、大毅の2人は、堅いブロックガードを基本にした打たせないボクシングからスタートさせたが、和毅だけは違っていた。中学の頃からガードを下げスピーディで攻撃的なボクシングをしていた。当初は、北京五輪出場を狙っていたが、辮髪にした髪の毛や、兄弟の興行の前座でスパーリングをしていたことなどがアマチュア規定に引っ掛かって五輪への道が断たれると、迷うことなく方向転換。亀田父は、2007年に16歳の末っ子をメキシコへの単身修行に出した。

メキシコ単身修行時代の苦悩

 メンタルを鍛え、同時にボクシング技術を成長させるためには、本場、メキシコでの指導を受けることがベストだと判断して、一番可愛い、末っ子をあえて旅に出したのである。メキシコでの生活は、本当に辛い単身修行だったらしい。
 
最初は、メキシコシティにある日本人ペンションのようなところを定宿としていた。4畳半一間に二段ベッドが押し込んであるような部屋で暮らした。目の前の公園では、麻薬の取引が日常茶飯事で行われているような治安の悪い場所。外をウロウロすることもできずに練習以外は、部屋に閉じこもっての自炊生活。ベッドに横になると、スペイン語の辞書を片手に「一日、3つのスペイン語を覚えること」をノルマとした。

 16歳は、まだまだ子供。
 激しいホームシックにかかった。「帰りたい」と、日本の友人や兄の興毅に毎日のようにメールを打った。ビザの関係で、3か月に一度は帰国するが、その度に「もうメキシコには行きたくない」とゴネるが、オヤジは甘えを許さなかった。
 そのペンションには共有スペースに一台だけパソコンが置いてあった。暇があれば、そのパソコンにかじりついてシュガー・レイ・レナードの映像を探し出して見ていた。理想に掲げているのは、レナードのような殺戮の切れ味を兼ね備えた華麗なスピードボクシングである。

 しかし、1年も経たないうちにボクシング好きのメキシコ人のガールフレンドができた。ガールフレンド宅にホームステイのような形で出入りしているうちに、完璧にスペイン語を覚え友達が増えた。あれほど嫌だったメキシコの生活が逆に楽しくて仕方なくなった。逞しいというか、どんな苦難をも自分都合に置き換えてプラスに変える。亀田家らしい遺伝子は、和毅にも備わっていたのである。

 メキシコでのアマチュア時代には、その天才が挫折を味わっている。メキシコでも伝統あるトーナメント大会「グアンデス・デ・オロ」の決勝(07年12月)でレイ・バルガスに判定で敗れたのである。

和毅は、世界には上には上がいることを思い知った。和毅は、3兄弟で最も練習熱心であり練習量も多い。その根底には、この時の経験がある。

メキシコではメルーベン・トレーナーの指導を受けフック系のパンチを主体にした攻撃性のあるコンビネーションを身に付けた。特にボディを打つ技術は高く、3兄弟の誰より上手い。この日の試合でも、これでもかとばかりに打ち込んでナミビア人を悩ませた。

 プロモーターでもある父は、和毅には石橋を叩いて渡るようなチャンピオンロードを描いていた。

アマで30戦させ、プロでも27戦のキャリアを積んだ上での世界挑戦である。絶妙の世界戦マッチメークの背景を語ると長くなるが、JBCがWBOを認めたことも手伝って、できる限り危険度が小さく和毅のスタイルに噛み合う王者を上手く見つけてきた。

その手法を今後も続けていけば、兄の興毅同様、また批判の対象になるだろうが、和毅の今後の目標は海外のリングにあるようだ。現在は、バンタム級だが上背があることから減量は楽でなく、年代と共に階級を上げていくことになる。

フェザー級、ウェルター級と上がってくると、チャンピオンにはラスベガスでビッグファイトを戦う面々が揃い始める。

 WBC世界フライ級王者の八重樫がこんなことを言っていた。

「次からどんな相手とどんな試合をしていくんでしょうね」
 私も、まったく同じことを思った。
(文責・本郷陽一/論スポ)。(THE PAGE)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック