モンゴル人3横綱時代に元横綱・北の富士氏が苦言「日本人力士のふがいなさ」

 初の綱とりに挑んでいた大関・鶴竜(28)が、大関・琴奨菊(30)を寄り切りで下し、14勝1敗で初優勝を飾った。


横綱昇進が確実となり、5月の夏場所からは、白鵬(29)、日馬富士(29)と並び、3横綱が誕生することになる。

 モンゴル力士の3横綱時代到来について、23日、NHKで解説を務めた元横綱・北の富士氏は「これはひとえに日本人力士のふがいなさ、指導者の責任。(3横綱に)対抗する日本人力士を出さないと、国技とは名ばかりになってしまう」と危機感をあらわにした。

 北の富士氏は「まず、鶴竜、おめでとうと言いたい」と初優勝を果たした鶴竜を祝福した上で、「私は反面、正直言うと、これは日本人力士のふがいなさ、それを指導する指導者(の責任)。本気で考えないと。喜んでばかりはいられないですよ」と各界が13年ぶりとなる3横綱時代で盛り上がる一方で、日本人横綱不在を嘆いた。

 北の富士氏は現役を引退後、九重部屋を継承し、歴代2位の幕内優勝31回を記録した名横綱・千代の富士(現・九重親方)を育成。さらに北勝海(現・八角親方)も横綱にまで育て上げた実績を持つ。それだけに、「やはりこれから、本当に、真剣に各部屋の親方衆、指導者は日本人力士を鍛えて、対抗する横綱を出さなきゃ。相撲は国技とは名ばかりになってしまう」と危機感をあらわにした。

 2003年初場所で貴乃花(現・貴乃花親方)が引退し、日本人横綱が不在となって11年。「同じ相撲を志すのだから、日本人もモンゴル人も外国人もない、とは言いますけども、やはりね、そういうもんじゃない、と思いますよ」と話し、「本当に(日本相撲)協会の親方衆には、一生懸命弟子を指導してほしい、と心の底から思います」と日本相撲協会にも苦言を呈した。

 また、「3横綱(力士)に及ばないのは、努力がたりない。」とピシャリ。「3人(横綱)の共通点は、小さい身体で(相撲界に)入ってきて、ここまできたわけですから、日本人できないわけがない」と愛情たっぷりにゲキを飛ばした。

 北の富士氏は1998年に日本相撲協会を退職。現在はNHKの専属解説者として、大相撲中継に出演している。
デイリースポーツ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック