大久保嘉人、W杯日本代表!

大久保嘉人(31歳)がW杯日本代表に選ばれた。おめでとう。


長崎県島原半島・国見高校出身、高校時代からふるさとの選手として応援してきた
(生まれは福岡県京都郡苅田町、国見中へ転校)。

日本代表の最後のプレーが2012/2でありマスコミは「サプライズ選出!」
と報じた。ザッケローニ監督は、Jリーグで大活躍する大久保を無視して
きた後ろめたさからか、記者会見では「奇妙な言い訳」をした。

「大久保の能力を理解した上で、他の(若い)選手を招集して成長させる
狙いがあった」と。しかし、それは屁理屈である。他の選手と大久保との
連携プレーをこの短期間でどう完成させるのか。緊急の課題である。

ふるさとの人たちは大久保を応援する。「がむしゃらで負けず嫌いが彼の
魅力。W杯で、試合に出て、(ぜひ)点を取ってほしい。(Vファーレン・
松橋章太・元日本代表・国見高サッカー部同級生のチームメーイト)」。

「サプライズと言われたが選ばれると思っていた。(代表)メンバーに彼
のような動物的感覚をもった選手はいない。点を取りに行くには絶対に必
要になる(小嶺忠敏・元国見高サッカー部総監督・長崎総合科学大特任教
授)」。

前田正晶氏が選手選考について、本誌にサッカーの競技経験者の立場から
「論評」されている。私は専門家ではないので他の選手についての言は控
える。大久保が自分の特技を発揮し活躍してほしいと願うだけである。

大久保には顕著に優れている点がある。(1)DFの裏への巧妙で速い跳び
出し。(2)強いミドルシュート。(3)左右の足での強いシュート。
(4)そして、何よりも常に「攻撃的」で「点(GOAL)を取る」能力と意
志だ。

大久保は、国内のJリーグでは2013年に26GOALで得点王、2014年は8GOALを
あげトップを走る。絶好調なのだ。かつて、相手のラフプレーに頭に来て
報復し警告を受ける悪癖!があったが、今は大人になった。

ひと昔前の思い出を披露する。2000/1第79回全国高校サッカー選手権大会
では、国立球場で国見高校を応援、大久保が大活躍し優勝した。2003/1第
82回大会も国見高は平山相太を擁し優勝。関東島原半島会が祝賀会を主
催、小嶺監督他選手と応援団らが150人集まり気勢をあげた。

私は色紙を用意し(応援に来た)大久保(セレッソ大阪21歳)と平山(18
歳)にサインを書かせた。「大選手になりこのサインの価値を上げてく
れ。ずっと持っている!」と2人を励ました。

徳永悠平(FC東京・元日本代表)、徳重健太(ヴィッセル神戸)、また、
高木琢也(J2:Vファーレン長崎監督)もいた。昨日のことのようだ。

ところで、ブラジルW杯。日本代表は結果を残せるのだろうか。マスコミ
等に煽動され多くの国民が「日本は強い!ベスト8だ。優勝だ!」など
と、勘違いをしているように思える。

C組の全対戦国が世界ランキングで日本の上位にいる。コロンビア5位、ギ
リシャ10位、コートジボアール21位、そして日本は47位だ。簡単には勝て
ない。世界の常識では日本は予選敗退の一番手なのである。

ザッケローニ監督が一番わかっている。ベスト8などの目標達成の契約は
なく報酬にも入っていない。MUST(義務)はW杯への日本の出場であり
50%は達成した。残る50%のWANTがチーム力の向上である。

何が言いたいのか。南アで岡武史監督や選手は守りに徹しベスト16を得
た。一方、ザッケローニ監督はベスト16や8は背負っていない。勝敗度外
視の「攻撃的なサッカー」を断行するのではないか。「日本は47位相応の
結果でいい」とでも・・・?

ただ、DFの長友佑都が「大久保を大歓迎」と強調したことは示唆に富む。
「(大久保さんは)得点を取るというイメージが強いと思うけど、凄い守
備をしてくれる。ボジティブな映像が浮かぶ」と。(スポニチ2014/5/15)。

人生にはときに不思議な巡り合わせがある。ちょうど1年前の2013/5/12に
大久保は父克博さん(享年61歳)を亡くした。病室で見つかった遺書には
「(また)日本代表になれ。空の上から見とうぞ」とあった。(日刊ス
ポーツ2014/5/13)。

2014/5/12母千里さんは一周忌法要の後TVを見ていた娘の言葉で知る。
「あれっ、今、よっくん(嘉人)の名前を言ったよ。大久保って呼ばれた
よ」「これからお父さんのお墓に報告に行きます(千里さん)」(同紙
5/13)。
 
さあ、あとは、ただGOAL and GOAL!で、一つひとつ勝つだけだ。きば
れ、がまだせ(がんばれ)大久保嘉人!サッカーの原点に帰り、ブラジル
W杯で、どんと、結果を見せつけろ。(2014/5/15千葉市在住)馬場 伯明

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック