ドイツが6大会ぶりW杯優勝

ドイツが延長制し4度目優勝 南米開催で欧州勢Vは初の快挙


 ワールドカップ・ブラジル大会の決勝が日本時間14日に行われ、アルゼンチンと対戦したドイツは延長戦の末に1-0と勝利を収め、24年ぶり4度目の優勝を果たした。

 1986年、90年大会に続き決勝では3度目の対決となった両チームの一戦。立ち上がりからボールを支配したドイツに対し、アルゼンチンは激しい守備からリオネル・メッシを中心としたカウンターで対抗する。4分には、ゴンサロ・イグアインがペナルティーエリア内からシュートを放つなど、アルゼンチンが早々にチャンスをつかんだ。

 その後は一進一退の攻防が続く。そうした中で最初の決定機を迎えたのはアルゼンチンだった。21分、ドイツのトニ・クロースがヘッドでバックパスを出したところ、それがミスとなり、イグアインがカット。イグアインはGKマヌエル・ノイアーと1対1になったが、シュートはゴール左に外れた。

 前半30分には、右サイドからのエセキエル・ラベッシのクロスにイグアインが合わせ、ネットを揺らしたものの、今度はオフサイドを取られる。一方、ドイツも37分に左サイドを突破したトーマス・ミュラーからの折り返しに、アンドレ・シュールレが右足で狙ったが、ゴールには至らなかった。アディショナルタイムには右CKからベネディクト・ヘーベデスのヘッドがポストを直撃。前半の終盤はドイツが立て続けにチャンスを作ったが、均衡を破ることができずに、ハーフタイムを迎えた。

 後半、アルゼンチンはセルヒオ・アグエロを投入。攻勢を強めると、2分に再びビッグチャンスをつかむ。スルーパスに抜け出したメッシがGKノイアーと1対1になる。しかし、左足で放ったシュートはゴール右に外れた。ドイツも負けていない。後半14分、右サイドを突破したフィリップ・ラームからのクロスに、ミロスラフ・クローゼがヘッドで合わせる。シュートはGKロメロにキャッチされたが、徐々にドイツが試合の主導権を握っていく。

 それでもアルゼンチンは粘り強い守備で、ドイツに決定機を作らせない。後半37分にはエジルの右からの折り返しに、クロースが合わせたものの、シュートはゴール右に外れる。試合はこう着状態に陥ったまま、90分間を終えてもスコアは動かず、延長戦に突入した。

 延長戦に入るといきなりドイツがビッグチャンスをつかむ。左サイドからの折り返しにシュールレが合わせる。これはGKロメロにはじかれるが、こぼれ球からつないだボールに今度はエジルが左足で狙う。しかし、これもアルゼンチンの守備陣がブロックした。しのぐアルゼンチンも延長前半7分に決定機を迎える。左サイドからのクロスをフリーで受けたロドリゴ・パラシオがGKノイアーと1対1に。パラシオはループシュートを狙うが、ゴール左に外れ、アルゼンチンは絶好機を逃してしまう。

 スコアレスで迎えた延長後半は、両チーム共に消耗が激しく足が止まり出す。しかし、そうした状況でドイツがついに均衡を破る。延長後半8分、シュールレが左サイドを突破しクロスを入れると、中央に走り込んだ途中出場のマリオ・ゲッツェが胸トラップから左足ボレー。シュートはゴール右隅に吸い込まれ、ドイツが待望の先制ゴールを奪った。

 その後は必死にアルゼンチンが反撃を仕掛けるが、ドイツはGKノイアーを中心に体を張った守備でゴールを許さない。結局、この1点を最後まで守りきったドイツが24年ぶり4度目、南米開催では初となる欧州勢優勝の快挙を成し遂げた.。スポーツナビ7月14日(月)6時36分配信


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック