尖閣は「海洋限定戦争」になる

防衛研究所戦史研究センター安全保障政策史研究室の平野龍二氏の論考
『「海洋限定戦争」としてみた日清・日露戦争 ジュリアン・コルベット
の戦略論の視点から」はとても勉強になった。以下はその要約。


<*はじめに

明治における近代国家形成は、日清戦争と日露戦争に勝利して、独立を完
全に確保したことによりその完成を見た。この2つの戦争の勝利が近代国
家形成に大きな役割を果たしたことは論を俟たない。

ところが、その勝利は決して必然のものではなかった。日清・日露戦争で
は、陸海軍の戦力においても、総合的な国力おいても、日本は劣勢であっ
た。欧米においても、日本が清国やロシアに勝利できるとは、あまり考え
られておらず、日本にとって決して勝算のある戦争ではなかった。

しかしながら、政府と大本営は軍事作戦と外交政策を巧みに織り交ぜなが
ら戦局を有利に進め、優位な状況で講和条約を締結して戦争に勝利するこ
とができたのである。

日本は、なぜこの2つの戦争に勝利して、その戦争目的を達成することが
できたのであろうか。この課題について、英国の海洋戦略家であり海軍史
家でもあるコルベット(Julian Corbett)が論じた「海洋限定戦争」の概
念を視点として検討してみたい。

*1「海洋限定戦争」とは

コルベットの戦略論の主要概念である「海洋限定戦争」の概念は、クラウ
ゼヴィッツから大きな影響を受けているが、その理論を全面的に是認して
いるわけではない。

クラウゼヴィッツと同様にコルベットは、政治目的が中核的に重要なた
め、敵を完全に打倒するまで戦う戦争を「絶対戦争」と捉えている。敵の
打倒とは、その軍隊を完全に壊滅させるか武装解除することにより、無力
化することを指す。

一方で、限定された政治目的を達成した時点で終わらせることができる戦
争を「限定戦争」とした。この場合、敵軍の完全な撃滅は必要を越えてお
り、政治目的を達成したならば、戦争を終わらせることができるのである。

クラウゼヴィッツの「限定戦争」論は、隣接する大陸国家間の戦争を想定
しており、獲得すべき限定目標は国境付近にある領土であった。

これに対しコルベットは、「そのような目標は真に限定された目標ではな
い」と反論する。

その理由として、1)そのような領土は、敵がその保持のために「絶対戦
争」を決意するほど重要な地域である、2)その目標に対して、敵は全軍
を使用することに戦略的障害はない、と主張した。

そこで限定目標の概念を満足させるためには、1)単に限定された地域で
はなく、政治的重要性も限定されている、2)戦略的に(戦場が地理的
に)孤立している、ことが必要であると考えた。

この状態が存在しなければ、戦争は「絶対戦争」になるであろうとコル
ベットは指摘する。したがって、大陸国家間の「限定戦争」と「絶対戦
争」に真の違いなく、あくまでも程度の違いに過ぎないと考えたのである。

一方で海洋によって隔てられると、「限定戦争」と「絶対戦争」の区別は
直ちに本質的なものになるとコルベットは指摘する。海洋により、その地
域は真の「限定戦争」の状態を設定するのに十分なほど孤立化されるから
である。

ここに、「限定戦争」は島嶼や半島のように限定目標が海洋によって離隔
されている場合のみ可能であるというコルベットの主要命題、「海洋限定
戦争」の概念が導かれる。

コルベットは、強力な大陸列強を相手に英国が成功した秘訣をこの「海洋
限定戦争」に求めている。

「限定戦争」の勝敗は、交戦国の全体としての軍事的強さではなく、決勝
点(決定的場面)において発揮する意志と能力の強さの総量によって決定
される。

コルベットは、これを海洋戦略に応用し、戦争は目標の政治的重要度が限
定されているため全力を投入しないからだけでなく、海洋という物理的障
害によって目標が戦略的に孤立化されることにより限定されることを、英
国を巡る海洋戦争史の中から紡ぎ出し、一連の著作で示した。

この「海洋限定戦争」の概念の中で、コルベットは制海の理論を位置づけ
た。「海洋限定戦争」において、海軍作戦は必ずしも敵艦隊の撃滅を追求
する必要はなく、部分的な制海により、陸軍を揚陸して限定目標を奪取す
ることが重要であることを論じたのである。

*2 日清戦争

1894(明治27)年7月25日、豊島沖海戦が起こり、日清戦争が始まった。
続いて成歓の戦闘でも日本は勝利を収め、陸上においても初戦を飾る。そ
の後の戦局は、日清両国共に平壌へ陸軍を集中するための努力を軸に推移
する。

一方、開戦前に策定されたと考えられる「作戦ノ大方針」の第一期は、海
軍による制海掌握の作戦に主体を置き、朝鮮半島における陸上作戦を牽制
作戦と位置付けていた。

第二期は、制海掌握状況により3つの作戦方針が定められていたが、制海
を得た場合には陸軍主力を渤海湾岸に海上輸送して北京周辺の直隷平野で
決戦を行うことにしていた。その最終目的は、首都を攻略して清国の死命
を制することにあった。日本は、日清戦争を「絶対戦争」と位置付けてい
たのである。

この「作戦ノ大方針」に基づき、聯合艦隊は仁川沖南方で清国北洋艦隊の
来襲を警戒し、全力で艦隊決戦に備える。

このため、仁川までの航路の安全は保証できず、参謀総長に陸軍兵力の揚
陸地を釜山とすることを推薦する。

開戦前の第五師団の第1次輸送と第2次輸送は仁川に行ったが、これにより第3
次輸送は揚陸先を釜山に変更して陸路で北上することになり、平壌への兵
力集中に悪影響を及ぼした。

8月9日、艦隊決戦が遅れて十分な制海がないことや輸送船の不足から「作
戦ノ大方針」が変更され、戦争初期における大きな転換点となった。

これにより朝鮮半島における陸上作戦は牽制作戦から主作戦となり、作戦
続行中の第五師団に加え、直隷平野における決戦に使用する予定であった
第三師団も投入することになった。

朝鮮半島という戦略目標から清国軍を排除することに重点が置かれたので
ある。これは「絶対戦争」から「限定戦争」への転換であった。

これにより聯合艦隊も艦隊決戦の任務から解放され、清国艦隊の捜索を中
止して陸軍輸送船団の護衛に専念することが可能となった。

第五師団の第4次輸送は、第3次輸送と同様に釜山へ揚陸して陸路で北上す
ることが訓令されていたが、大本営は聯合艦隊の護衛により仁川に揚陸さ
せることを命じた。

日本は朝鮮半島の確保に努力を限定することにより、聯合艦隊を船団護衛
に振り向け、無事に陸軍部隊を仁川へ揚陸したのである。これが平壌への
速やかな兵力集中に繋がり、戦局は有利に進んでいく。

上陸を終えた第五師団は、9月16日、平壌を陥落させる。続いて、第一軍
(第三・第五師団)輸送の海上護衛を終えた聯合艦隊は、9月17日、黄海
海戦に勝利する。また平壌攻略以降も、第一軍は朝鮮半島を北上し、鴨緑
江畔に到達した。ここに日本軍は朝鮮半島を完全に制圧する。

その後、第一軍は南満洲を進撃し、要地を奪取していった。遼東半島作戦
も第二軍が上陸して順調に進み、11月22日、旅順が陥落した。

ところが、この順調な作戦進行によって、大本営は再び冬季の直隷決戦を
検討し始める。戦争が継続している以上、大本営が全力をもって敵の打倒
を目指すことは当然であった。渤海北岸への上陸作戦を企図して、聯合艦
隊へ上陸点の調査を命じる。

これは、大本営が冬季中速やかに直隷決戦を実施しようと意図し始めたこ
とを示すものであり、戦争を再び「絶対戦争」に戻すことを意味した。

この直後の12月4日、伊藤博文首相は大本営へ「威海衛ヲ衝キ台湾ヲ略ス
ヘキ方略」を提出する。(海軍の拠点である)威海衛を攻略して清国北洋
艦隊を壊滅させ、さらに領土割譲の布石として台湾の占領を提言すること
により、冬季中の直隷決戦に反対した。

決戦で清国軍を壊滅させたとしても、その結果として講和を結ぶべき清国
政府も崩壊し、戦争終結への糸口を失うことを憂いたのである。

これは「絶対戦争」の否定であった。海軍の北洋艦隊撃滅の希望もあって
伊藤首相の意見が通り、直隷決戦を延期して威海衛を攻略するという「限
定戦争」に沿った作戦が決定された。

もし、この時に直隷決戦を強行していたならば、戦争を「限定戦争」から
再び「絶対戦争」に転換することになる。そうなれば日本は戦争の終結方
法を失い、後年のように困難な状況に陥った可能性も否定できない。

「限定戦争」の継続を主張したことは、伊藤首相の慧眼であった。その後
も日本は、この「海洋限定戦争」戦略に沿って戦い、下関講和条約へと結
実させたのである。

*3 日露戦争

日清戦争により、朝鮮半島における清国の影響力を排除したものの、今度
はロシアの勢力浸透を許してしまう。北清事変によりロシアが満洲を占領
し、さらに朝鮮半島を窺うに至って、1904(明治37)年2月、日本はつい
にロシアと戦うことになった。

開戦が決定されると、聯合艦隊は陸軍の韓国臨時派遣隊を載せた運送船を
護衛して佐世保を出撃する。

開戦時の旅順口攻撃において、聯合艦隊は徹底した攻撃を行わなかったた
め、ロシアの旅順艦隊を撃滅できなかったが、新鋭戦艦2隻と巡洋艦1隻を
大破させ、当分の間は行動不能にした。

一方、仁川に向かった陸軍運送船と護衛艦艇は、無事に陸軍派遣隊の揚陸
を完了した。派遣隊は、直ちに京城へ進入する。また、この間に起きた仁
川沖海戦にも勝利した。

当初の作戦計画では、開戦後に第十二師団を馬山浦へ揚陸することにして
いたが、海戦結果からの情勢判断に基づき、上陸地を仁川に変更する。

2月に行われた閉塞作戦と2度の旅順口攻撃は大きな戦果を挙げることがで
きなかったが、その間に第十二師団が仁川上陸を完了して京城を確保し
た。聯合艦隊の一連の作戦は、京城確保という戦略目標の達成に大きく寄
与したと言える。

この間、軍事力を背景として日韓議定書が締結され、日本とロシアの間で
動揺していた韓国は明確に日本側につくことになった。これにより、日本
は韓国における軍事行動の自由を担保したのである。

3月には、平壌に近い鎮南浦へ第一軍主力の上陸が行われた。同時に行わ
れた度重なる聯合艦隊の旅順口攻撃と閉塞作戦は大きな戦果を挙げられな
かったが、この活動により旅順艦隊は港内に封じられ、第一軍主力は無事
に上陸する。京城から北進してきた第十二師団と合わせて、速やかに平壌
を確保した。

その後、第一軍は義州に向けて北上し、鴨緑江でロシア軍と激突する。海
軍による重砲等の海上輸送支援は、この戦闘で日本が圧勝する決定的要因
となった。ここに日本は概ね朝鮮半島を確保する。

ここまでの戦闘経過は、まさに海洋を利用して限定戦略目標を確保すると
いう「海洋限定戦争」であった。

8月中旬、聯合艦隊は黄海海戦と蔚山沖海戦に勝利して、極東海域におけ
る海軍力の優位を保つ。ところが、聯合艦隊は旅順艦隊の撃滅に失敗し、
旅順口封鎖を続けなければならかった。陸軍の旅順要塞への総攻撃も失敗
する。

9月4日には天王山と目された遼陽会戦に勝利して同地を占領したが、ロシ
ア軍主力の撃滅にも失敗した。陸軍は北方のロシア軍主力に対する作戦と
旅順攻略の二正面作戦を強いられる。

バルチック艦隊の極東に向けた出港も近づいており、来航して残存の旅順
艦隊と合同すれば、日本は制海を失って大陸への海上輸送路を閉ざされ
る。陸軍は満洲で孤立し、シベリア鉄道によって増強されたロシア軍に殲
滅されてしまうことが予想された。旅順の早期攻略が戦局を展開させる鍵
であった。

遼陽会戦後の戦略目標については、満洲軍総司令部内において北進継続が
検討される。しかし、山縣有朋参謀総長と児玉源太郎満洲軍総参謀長との
間で、翌春に兵力増強が整うまで満洲軍は北進せず、当面は旅順攻略を優
先することが確認された。北は守勢をとり旅順攻略に努力を集中する戦略
が固まったのである。

その後10月には、ロシア軍の攻勢により、沙河の会戦が起こるが、満洲軍
はロシア軍を撃退する。山縣参謀総長の指示もあり、この時も追撃は停止
され、沙河守勢・旅順重視の戦略は堅持された。

その後、満洲軍は弾薬の補充に努め、一ヶ月余りで所要数を概ね集積す
る。そこで、満洲軍総司令部は戦局打開のため再度北進を企図した。目前
のロシア軍に対して決戦に臨む作戦計画等が参謀達から度々上申されたの
である。

これらの作戦計画は、決戦によりロシア軍に再起できないほどの大打撃を
与えることを目的としており、講和を含めた戦争全体への配慮に欠け、戦
略目標の優先度についての理解が不足していた。「限定戦争」というより
も、敵の打倒のみを考える「絶対戦争」に近い戦略思想である。

しかしながら、これらの上申は児玉総参謀長の機略により抑えられた。

一方、大本営は第三軍に第七師団を増援し、旅順攻略にその努力を集中す
る。12月5日、第三軍が激戦の末に二〇三高地を奪取すると、陸上からの
砲撃によって旅順艦隊が壊滅した。翌1905(明治38)年1月1日、ついに旅
順要塞も陥落し、日露戦争は新たな局面に入る。

日本は当初の戦争目的であった「韓国保全」を達成した上、さらに遼東半
島まで占領したのである。講和に向けて、この有利な情勢を維持したま
ま、戦争を終わらせる必要があった。

3月10日、満洲軍は奉天会戦に勝利して同地を占領するものの、ロシア軍
の主力を逃し、その撃滅にまたも失敗する。この会戦後、満洲軍を奉天北
方の鉄嶺付近に留め、ハルビンへの北進を断念する作戦方針が大本営で起
案される。

ところが3月30日、「明治三十八年三月以降における作戦方針」が策定内
奏され、先の作戦方針は覆されて再びハルビンへの前進が企図された。戦
争拡大が計画されたのである。

これは「絶対戦争」とまでは言えないが、「限定戦争」からの逸脱であっ
た。特に、大陸奥深くまで陸軍を進めることは、海洋利用を前提とした
「海洋限定戦争」からの逸脱であった。

このような中、3月末から上京していた児玉総参謀長は、北進阻止を主張
している長岡外史参謀次長と協力して元老や大本営及び政府首脳と協議を
重ね、拡大する戦略を抑制し、「限定戦争」への復帰に努力する。

4月8日、「日露戦役中に於ける作戦並外交歩調一致に関する件」が閣議決
定され、ロシア軍の撃滅ではなく、守勢の中で有利な地位を占めるように
戦争を進めていくことが画策された。

また、講和に向けて適当な外交手段を採ることが国家方針となった。ハル
ビンへの満洲軍の北進も「政略と一致して」という限定が付され、大山巌
満洲軍総司令官へ外交状況に応じて行動するよう訓令された。これは「海
洋限定戦争」への復帰であった。以降、満洲軍は守勢をとり、海戦と外交
の状況進展を待った。

5月27・28日の日本海海戦の決定的勝利により、講和会議に向けた交渉が
始まる。満洲では守勢をとりながら樺太や北韓地方など限定目標を奪取し
つつ、日本は講和会議に臨んだ。9月5日、ポーツマス講和条約が結ばれ
て、日露戦争は勝利の内に終結した。

**おわりに

当時の日本に、清国やロシアという大国を打倒する実力はなかった。国力
の劣る日本は、部分的な制海の中で陸軍と海軍が、限定された戦略目標に
向かって努力を集中し、協力していった。この「海洋限定戦争」を堅持す
ることにより、軍事作戦をうまく活用して有利な外交交渉を行う場を現出
させたのである。

軍事作戦と外交を連結させたのは、朝鮮半島や遼東半島など海洋によって
孤立化された限定目標であった。このことが、日清戦争と日露戦争を「海
洋限定戦争」として成立させた理由である。

また、何度か訪れた「海洋限定戦争」逸脱の危機は、政軍指導者の巧みな
政戦略によって防がれた。これにより、日本は維新以来の懸案であった確
固たる独立確保を達成し、近代国家として完成したのである>(以上)

産経6/13掲載の共同電によると、尖閣諸島の周辺海域への公船派遣を繰り
返している中国海警局が、浙江省温州市に大型船が停泊可能な大規模基地
を建設する計画を進めている。尖閣諸島に地理的に近い温州市での拠点建
設により、尖閣での監視活動を支援する態勢を強化し、領有権主張を強め
る構えだ。

計画中の「温州指揮総合保障基地」は敷地面積が約50万平方メートルで、
岸壁の長さは約1.2キロに及ぶ。排水量1万トン級までの大型船を含む計6
隻が停泊できる施設や、飛行機やヘリの格納庫、大型の訓練施設などが含
まれる。

総工費は約33億4千万元(約664億円)で、全額を中央政府が負担する。基
地建設の目的を「釣魚島(尖閣諸島の中国名)の海上権益を守るために常
態化している巡航に有利だ」としている。

尖閣までの距離は約356キロで、温州は中国大陸で尖閣に最も近い都市と
し、地理的な利点があると説明している。

中共は尖閣奪取を狙って戦争準備を進めている。日本も最西端の与那国島
や宮古島、石垣島、奄美大島に部隊を常駐させる方針で、有事の際は日米
台VS中共で「海洋限定戦争」が戦われるのだろう。温州や海南島の基地は
真っ先に標的になるはずだ。

この衝突で中共を絶滅する必要はないが、中共が尖閣奪取に失敗すれば
(敗ければ)「終わりの始まり」になる。現代のファシスト、悪の独裁帝
国は数年で消滅するはずだ。撃ちてし止まむ!(2015/6/24)
平井 修一




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック