ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第66号

11月相場は郵政3社動向が大きく影響か!?
 

大変お世話になります。10月相場は9月末に17000円レベルで下げ止まったことを受けて、9月の下げ幅を戻す動きとなりました。今年の高値からの戻しも大よそ1/2戻しを達成したことから、今回の調整は下値を確認した形となりました。今後大きな波乱がなければ、年内から年度末に向けて全値戻しの期待も持てるようになります。

 11月中旬頃までには現在発表されている決算の数字が出そろい、さらに月末までにはヘッジファンドの決算対策等も終わることから需給面も良くなることが想定され、今後は年内どこまで戻せるかが焦点となってほしいものです。今後は押しがあっても、18250円程度で留まるようなら問題ないと思います。

そして忘れてはならないのが、11月4日に上場される郵政3社の動向です。今後全体マーケットに大きな影響を与えることが考えられます。公募価格は配当利回り等で見て割安と見られているようですが、上場後に上昇傾向の動きとなっていくかが注目されます。そのためには初値はあまり高くならない方が良いと思いますがいかがでしょうか?

今年の相場はこれまで、①1~6月新値追い、②7~9月調整、6月までの上げを帳消し場面も、③10月底打ち確認から調整幅のほぼ1/2戻しを達成、④(予想)11~12月は、11月中は調整を入れる場面はあったものの12月は堅調で再度20000円を回復し来年に繫がる展開に。となってほしいものです。

------------------------------------------------------------------------------------

(ご注意)

上記メールマガジンは、弊社会員の方のみに提供させていただく資料ですので各人限りでご利用ください。

資料については、内容をよりよく理解していただく場合等、筆者の判断で、お断りなく内容を変更する場合がありますのでご了承ください。

証券投資には価格の変動等による損失を生じるリスクがあります。また投資方法によっては投資資金を超える多大な損失を生じるリスクもあります。

実際の運用に関しましては、十分にリスクの把握・認識をした上で、すべてお客様の自己判断と自己責任です。リスクの管理を徹底した上での投資が必要です。

------------------------------------------
 ストックトレーディング株式会社
 URL http://stock.kinbyoubu.com/trading/
 お問合わせ shop@stocktrading.shop-pro.jp
------------------------------------------


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック