テーマ:経済

GDP年1.6%減 在庫と設備投資、民間予測と乖離

 7~9月期国内総生産(GDP)速報値は実質年率1.6%減で、事前の民間予測平均の実質年率2.47%増を大幅に下回った。 民間予想と政府の統計にこれほど大きな違いが出ることは珍しく、多くのエコノミストが「ネガティブサプライズ」と驚きを隠さない。背景には消費税増税後という特殊な経済状況下で、企業の在庫調整の影響や設備投資の回復を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1ドル106円台 5年11カ月ぶり

〔NY外為〕円、一時5年11カ月ぶり106円台=ユーロも下落(8日午後2時)  【ニューヨーク時事】週明け8日午後のニューヨーク外国為替市場では、米景気先行きへの期待感から円売り・ドル買いの流れが加速し、円相場は一時1ドル=106円09銭まで下落した。106円台を付けたのは2008年10月上旬以来約5年11カ月ぶり。午後2時現在は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LCC:5円セールもあり!席数限定激安チケット入手法

■狙い目は「新規就航」セール  ジェットスター、エアアジア、ピーチなどのLCC(格安航空会社)に乗ったことがある人は、まだ少数派だろう。しかし上手に使えば、これほどお得なものもない。  夏休みに家族4人で東京から札幌に行くとしよう。JALやANAなど大手なら1人片道約2万5000円、往復で5万円。4人分なら20万円だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本郵政、「地域限定社員」3年で2万人採用へ

 日本郵政グループが勤務地を限定する「地域限定正社員」を2014~16年度に約2万人採用する方針であることがわかった。  16年度には正社員に占める割合を1割程度にする見込みで、地域に根ざしたサービスの向上を目指す。  地域社員の制度は4月に導入する。勤務地や業務を限定する代わりに賃金を抑える。引っ越しを伴う異動がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東芝情報流出、技術者の待遇が良ければ情報は漏えいしないのか?

東芝と提携関係にある企業の技術者が、韓国企業に半導体データを不正に提供したとして、この技術者が逮捕される事件が発生しました。 こうした技術情報の漏洩に対して日本企業はどう対処すればよいのでしょうか? .  この事件の発生を受けて茂木経済産業大臣は、法整備を含め政府として対策を強化する方針を明らかにしました。 日本の情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー格下げ「衝撃的」=古巣に苦言―甘利再生相

 甘利明経済再生担当相は28日の閣議後記者会見で、米系格付け会社ムーディーズ・ジャパンがソニーの長期債務格付けを「投機的」水準に引き下げたことについて、「OBとして衝撃的だった」と述べた。 その上で、「世の中を変えるようなものはソニーから出るという原点に返ることが大事だ。米アップルにお株を奪われるようでは『メード・イン・ジャパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<リニア輸出>米に5000億円融資提案

米国の超電導リニア構想 安倍晋三首相が昨年2月、オバマ米大統領とワシントンで会談した際、ワ シントン-ボルティモア間に超電導リニア新幹線を導入する構想につい て、総工費の半額を国際協力銀行を通じて融資する意向を伝えていたこと が分かった。日本政府関係者が明らかにした。 総工費が約1兆円と見込まれるため、日本政府は首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年 日経平均を予測する

新年はロケットスタートの予感! NISA中・小型株で前半勝負を みんなの株式 藤本 誠之さん 予想スタンス 上昇 日経平均予想 年末終値:\17,500 高値:\20,000 安値:\16,000  NISA口座での個人投資家と新年度入りの外国人投資家の買いが期待できる上に、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の東南アジア投資拡大を脅威視し始めた中国経済界

日本財界の「さようなら中国、こんにちはアジア」を中国経済界が脅威視 華僑の地盤になぐりこんだ日系企業と「本格的競合時代をむかえる」と **************************************** 日本の方針転換は、急速かつ巨大である。 華字紙の「華人週報」(13年10月31日付け)は、つぎの見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず与えよう 松下幸之助一日一話

持ちつ持たれつという言葉もあるが、この世の中は、お互いに与え合い、与えられ合うことによって成り立っている。それはお金とか品物といった物質的な面もあれば、思いやりといったような心の面もある。   聖書の中にも、「与うるは受くるより幸いなり」という言葉があるというが、人間とは他からもらうことも嬉しいが、他に与え、他を喜ばすことにより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急阪神ホテルズ社長、引責辞任を表明 「客への裏切り行為」HD取締役も

 阪急阪神ホテルズ(大阪市)がメニュー表記と異なる食材を使っていた問題で、同社の出崎弘社長は28日、記者会見を開き、不祥事の責任を取って社長を辞任することを明らかにした。 表記と実際の産地が異なったエビや豚肉、ネギなどを含めた6種類の再調査結果も公表。一部メニューについて「偽装と受け取られても仕方がない」と述べた。問題の発覚か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎リニアコライダーは東北・北上山地が候補

■次世代加速器で物理学者ら―巨額建設費、文科省が判断へ <宇宙誕生の謎解明を目指す次世代の大型加速器「国際リニアコライダー (ILC)」について、物理学者らでつくる立地評価会議は23日、国内 の建設候補地として岩手・宮城両県の北上山地が最適と発表した。福岡・ 佐賀両県の脊振山地も候補地として検討したが、予定地にダム湖があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<黒田緩和5カ月>持続的回復道半ば 課題は設備投資・賃金

異次元緩和導入前と現在の経済指標の比較  日銀の黒田東彦総裁が就任して20日で5カ月。デフレ脱却を目指し「2年で2%物価上昇」を目標に4月から始めた量的・質的金融緩和(異次元緩和)策は、円高是正や株価回復につながり、個人消費や企業業績を改善させた。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の中核を担う「黒田緩和」の滑り出しは上々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<日本株>円高、消費増税慎重論…上昇に息切れ感

 日本株の上昇に息切れ感が出ている。 参院選後、円相場の上昇や、企業の業績見通しが市場の期待に届かなかったことなどを背景に、外国人投資家が日本株買いを手控えて薄商いが続き、株式市場の推進力が低下しているためだ。【山口知】 【引き上げ?取りやめ?】消費増税の長所と短所を検証  16日の東京市場は、前日の米国株安を嫌気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広がる「安倍相場」の追い風=自動車、証券中心に好決算続出〔深層探訪〕

 上場企業の2013年4~6月期決算の発表が2日、ヤマ場を越えた。 期間中は安倍政権の経済政策「アベノミクス」への期待感から、円安・株高の「安倍相場」が進んだ。時事通信の集計によると、2日までに決算を開示した671社の売上高は前年同期比8.3%増加し、経常利益は47.2%増加した。14年3月期の通期予想も売上高が9.2%、経常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー、ツートップ効果で大幅増収増益 テレビ事業も黒字転換

 ソニーが1日発表した2013年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比13.0%増の1兆7127億円、本業のもうけを示す営業利益は5.8倍の363億円と、大幅な増収増益となった。  スマートフォン(高機能携帯電話)の新製品の販売が伸びたことに加え、テレビ事業の収益が改善したことが貢献した。  テレビ事業の営業損益は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花王、12月期最終益を60億円下方修正へ カネボウ“まだら美白”の影響

 花王は29日、平成25年12月期の連結業績見通しを修正し、最終利益を従来予想の730億円から670億円に引き下げると発表した。 子会社のカネボウ化粧品などが製造・販売した美白化粧品の自主回収で、特別損失56億円などを計上したため。  一方、円安の進行などで、売上高は1兆2700億円から1兆3000億円に、経常利益も1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<富士山>入山料試行初日は2765人 総額261万円

 山梨、静岡両県は25日、富士山で同日始まった入山料徴収の試行結果を発表した。 任意の「富士山保全協力金」を支払ったのは2765人(山梨側1414人、静岡側1351人)で、総額261万3509円(山梨側127万9000円、静岡側133万4509円)だった。  山梨側では吉田口登山道の6合目で午前9時~午後6時に協力を求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホンダ、新型フィットでトヨタ追撃へ 「世界最高」HV 低燃費競争も過熱

 大手自動車各社の燃費競争が激しさを増している。ホンダは19日、ガソリン1リットル当たりの燃費性能が36・4キロと世界最高の小型ハイブリッド車(HV)「フィット ハイブリッド」を9月上旬に発売すると発表。 トップ燃費を売りにHV「アクア」(燃費35・4キロ)が好調に販売を伸ばしているトヨタ自動車への巻き返しに乗り出す。国内新車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米緩和縮小の混乱抑制へ各国協調 G20閉幕

モスクワで開いた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日夕(日本時間同日夜)、共同声明を採択して閉幕した。 米金融緩和の縮小に伴う金融市場の混乱回避に向け、各国が協調することを明記。新興国からの資金流出の影響を監視する方針でも合意するが、具体策は打ち出せず、先進国と新興国のきしみも改めて浮き彫りになった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保協会長「国内債中心の運用続く」

 生命保険協会会長に19日就任した佐藤義雄住友生命保険社長は日本経済新聞とのインタビューで「資本規制が強化されるなか、生保の運用は引き続き国内債券が中心になる」と述べた。  4月に日銀が異次元金融緩和を発表した直後は長期金利が急低下し、外債の投資比率を高める計画を発表した生保が多かった。その後、国内金利が上昇したため「現在の金利水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円、急落=米雇用統計受け1カ月ぶり101円台〔NY外為〕(5日朝)

週末5日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米雇用統計の就業者数の増加を受けたドル買いから急落し、5月31日以来約1カ月ぶりに1ドル=101円台で取引された。 午前9時現在は、1ドル=101円05~15銭と前営業日午後5時(99円88~98銭)比1円17銭の円安・ドル高。  海外市場では米雇用統計の発表待ちで10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の株価 年末までに再度上昇予想

米ウォール・ストリート・ジャーナルはKANA INAGAKI氏による「日本経済 の先行き見通しは堅調で、政治的決意も強い。このため、株価が年末まで に再び上昇し始めると信じる投資家が少なくない」とする論評を掲げた。 これには「今後数カ月間は紆余曲折をたどる公算が大きい」との前提がつ いている。 現在の世界市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン円、一時1ドル=100円台の円安に

.2日のロンドン外国為替市場は円売り・ドル買いが優勢となり、円相場は一時、6月5日以来、約1か月ぶりに1ドル=100円台まで円安・ドル高が進んだ。   米連邦準備制度理事会(FRB)による金融緩和が縮小に向かうとの見方から、ドルが買われている。  午後1時35分(日本時間午後9時35分)現在、前日(午後4時)比55銭円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景況感、1年9カ月ぶりプラス=大企業製造業、円安効果で―日銀6月短観

 日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI、「良い」と答えた割合から「悪い」の割合を差し引いた値)は、大企業製造業でプラス4と、前回3月調査(マイナス8)から改善した。2四半期連続の改善で、2011年9月調査以来1年9カ月(7四半期)ぶりにプラス圏に浮上した。  DI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済は回復基調で追加緩和は不要=中曽日銀副総裁インタビュー .

日本銀行の中曽宏副総裁(59)は28日、新体制発足後3カ月たった現状を「生産―所得―支出の好循環が働くもとでの回復軌道に向かっている。政策は機能しているとみられる」と評価し、「現時点では追加的措置が必要だとは考えていない」との考えを明らかにした。   中曽氏は、日銀の2人の副総裁のうちの1人で、ウォール・ストリート・ジャーナル(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ドル94円後半、FOMC控え慎重に上昇

日米首脳会談見送り、官房長官「形式ばった会談必要ない」 [東京 17日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の94円後半。日経平均の堅調推移に下支えされ、じり高地合いとなったが、注目される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、94円後半では戻り売りが強まるなど、慎重な足取りを見…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

解任前日、会長が辞任迫る 川重、前社長は拒否

 前社長ら3人を解任した川崎重工業で、事前に大橋忠晴会長が長谷川聡社長(当時)に辞任を迫っていたことがわかった。経営陣の対立が表面化することを避けるため。ただ、三井造船との統合に積極的な長谷川氏はこれを拒否、13日の臨時取締役会での解任につながった。   経営幹部が明らかにした。長谷川氏ら解任された役員3人は三井造船との統合に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

川崎重・長谷川社長を解任 三井造船との経営統合破談

 川崎重工業は13日、臨時取締役会を開き、長谷川聡社長(65)ら3役員を同日付で解任する人事を決めた。また、三井造船との経営統合交渉について、従来の説明を覆して事実関係を認めたうえ、「交渉を打ち切る」とした。役員間で意見が対立し、積極的な立場だった3人を解任することになったという。  取締役会で解任の緊急動議が提出され、残る取…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日経平均、終値1万2445円 「黒田緩和」前の水準に

 13日の東京株式市場は全面安となり、日経平均株価の終値は前日より843円94銭(6・35%)安い1万2445円38銭だった。 下げ幅は今年2番目で、日本銀行が過去最大の金融緩和を決める直前の4月3日以来の安値水準となった。  東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同52・37ポイント(4・…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more