テーマ:中国

足許が揺らぎ始めた中国・習近平体制

2016年が明けるとすぐに、テレビ局に招かれて、「新しい年の世界がどう なるか」予測する番組に出演した。 いま、世界が混沌として、混乱がいっそうひろがりつつある。 まず、私は世界に内部から崩壊してしまった地域と、内部崩壊が進みつつ ある国があって、その隣にあるために巻き添えになっているか、そうなる 国々があると、指摘した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Riots(暴動)

中国名物。一日平均500件、毎年18万件の暴動、抗議集会    国民の暮らしは絶望的貧困なのに「権貴階級」だけが贅沢三昧とはいかに ****************************************  「中国では毎日500件前後、どこかで必ず暴動、抗議行動、デモ、道路封鎖、そして警官隊との衝突事件がおきていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外へズラかった中国共産党の百名

カネをもっと海外へズラかった中国共産党の百名   中国共産党が、氏名と旧職歴を公表した。 ****************************************  百名のリストは次の通り 楊秀珠 浙江省建設?副?? 李華波 江西省????政局??建?股股? 喬建?(?名:李峰) 中?粮河南周口直属?主任 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習主席ターゲットに爆弾テロ&毒殺未遂「6回」説 国外でも不穏な動き(夕刊フジ)

 周辺警護を強化する習近平国家主席。その裏に暗殺未遂事件が… (ロイター)  中国で独裁体制を着々と築きつつある習近平国家主席の周辺に不穏な空気が漂っている。「反腐敗運動」と銘打った汚職官僚の撲滅を進める同氏を狙った暗殺未遂事件が、これまでに6回起こっていたというのだ。背後には、江沢民元国家主席や失脚した元最高幹部の周永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポールソン元財務長官もまた

米国フォーブス、世界の50傑リーダーに習近平は載るが、オバマがない   ポールソン前米財務長官は習近平をほめあげたりけなしたり ****************************************  米国の企業幹部多数を引き連れ、70回も北京を訪問して中国経済を礼賛していた代表人物のひとりはヘンリー・ポールソン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国GDP、日本の1・87倍?

 GDPは二倍だが、中国は日本に40年遅れていると華字紙も自省   ひとりあたりのGDPは中国7000ドル弱、日本は40000ドル ****************************************  「勝った」「勝った」と勇ましく進軍ラッパを吹いてきた中国だが、国の成長はあっても、一部の富裕層が裨益しただけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金、外車、豪邸、愛人…先祖への供物に映る中国人の価値観 「腐敗は永遠に不滅…」

今月5日は中国の清明節である。 古くからの祭日で先祖の墓参りをする日だ。 「文革」の時代、それは「封建的迷信」として禁じられていたが、 今や「民族の伝統」として復活し盛んになっている。 日本の場合、お盆などで先祖の墓参りをするときは 花を持っていくのが普通だが、中国では事情が違う。 銅銭をかたどった紙の「冥銭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都会へ流れ込んだ流民が引き起こす暴動

 労働者の権利を自覚し始めた農村から都会へ1億6800万人   草の根の民衆運動は共産党のルーツだが、いまや弾圧の対象でしかない ****************************************  中国共産党は貧しき者の味方、農村から都市へのゲリラ戦争で天下を取った。天下を取ったときは共産党以外に七つの「民主団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア経済支配強める中国 その内実は財政危機で一触即発

先月16日、中国財政省は今年1~2月の全国財政収入の伸び率は 「前年同期比で3.2%増であった」と発表した。 日本の感覚からすれば、「3.2%増」は別に悪くもないだろうが、中国の場合は事情がまったく違う。 たとえば2006年から10年までの5年間、 中国の財政収入は年平均で21.3%の伸び率を記録しており、 11年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は中共殲滅の震源地に

ちょっと泣ける記事だった。「日本の思いやりに包まれて=日本も中国も 教えてこなかった日本人の貢献―中国人女性」(Record China 3/27)から。 <日本は先日、これまでに日本がアジアの国に対して行ってきた貢献を強 調した約2分間の動画を作成し、在米日本大使館のウェブサイトで公 開し た。この動画に対して、韓国か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国へ逃げた中国人経済犯罪リストは150人

米国は中国人経済犯罪者の送還をためらう   ろくな裁判が受けられない上、審議が不透明きわまりなく人権侵害だから。 ***************************************  中国は反腐敗キャンペーンの一環として、収賄、横領容疑で米国へ逃げた経済犯罪者のリストを八月に米国当局に手渡していたことが分かった(サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国軍拡に日米専門家の温度差

中国の軍事力増強への認識は日本と米国ではどう異なるのか。 米国大手の研究機関で開かれた討論会で、米国側が抱いている中国の軍拡に対する日 本への脅威認識が当の日本よりもずっと高く、また日本側には具体的な対 策が不在であることが印象づけられた。 ワシントンのリベラル系シンクタンクのブルッキングス研究所は2月27 日、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団派と上海派、地下で連携か

 団派と上海派、宿命のライバルが地下で連携か   習近平の強引すぎる粛清に、両派が反発を強めている ********************************* 春節(旧正月)前の2月13日、共産党中央紀律委員会(以下「中紀」と略) は「6虎」の失脚を発表した。これら6名は「重大な規律違反」につき拘 束、取り調べが進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の司法界も大波乱

 中国司法界からも若手判事がごっそりと退職   通常の判事の七倍の仕事なのに、給料は七分の一、「やってられるか」 ****************************************  中国の司法界が揺れている。正しい判決が出せないので悩みの末、やめているのではない。 あまりにも裁判沙汰が多いのに、収入面で報われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国の野望】中国“国防費”が異常増加 ひた隠しにするその魂胆  ★(1)

「イスラム国」が、ジャーナリストの後藤健二さんを殺害したとする動画をインターネット上に流した。卑劣極まりない行為である。テロリストによる暴挙は断じて許されるものではない。後藤さんのご家族のご心痛を思うと、言葉もない。 私は、今回のテロに対し、一部の野党やメディアを例外として、日本人の多くが「テロリストには屈しない」という思いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国またまた預金準備率切り下げ

 中国、またまた禁じ手。銀行の預金準備率を0・5%引き下げ   市中に流れる3兆円は太子党企業の倒産防止が理由では? ****************************************  中国の中央銀行(中国人民銀行)は預金準備率を二年九ケ月ぶりに引き下げ、本日実行する。  0・5%の引き下げは銀行の自己資本率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ日本製紙おむつが中国で爆発的に売れるのか?

 度を超した外国企業いじめ、中国の独禁法違反はビジネスマナーまで取り締まり    製薬、部品業界から外国自動車メーカーもいびり出す戦略か ****************************************  サウジアラビアが中国製の自動車を相当量輸入したという。 サウジアラビアは湾岸戦争ではクエートへ進撃する5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本企業の日本回帰が本格化してきた

 ようやく本格化した日本企業の日本回帰   東芝もパナソニックも、日本に工場を新設し、生産拠点をもどす ****************************************  安倍首相は『週刊文春』新年号の櫻井よしこ氏との対談でアベノミクスや外交を語ったが、なかでも東芝を例に挙げて海外で生産してきた拠点の一部の日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平の権力闘争は周囲をボディガードで堅め、「江蘇派」は雪崩に遭遇している

 中国権力闘争、団派は窮地に陥没したのか、捲土重来の最中なのか    江蘇幇(浙江省、江蘇省)雪崩。あらたに登場は「習近平」ボディガード派 ****************************************  在米華字紙の『多維新聞網』は「江蘇幇」が「雪崩」に遭遇したと報じた。これから江蘇閥の落馬雪崩が開始される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国外相、ネパールとバングラデシュ電撃訪問

 中国外相、ネパールとバングラデシュを訪問し、インドを露骨に牽制   ネパールに16億ドルを援助、発電所建設。ヒマラヤ越えの鉄道建設を約束 ****************************************  ネパールは誇り高い国である。 「国際平和の最前線に貢献するのはネパール」とカトマンズ国際空港の看板に書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の右翼に反撃」と中国公文書当局 南京事件当時の「虐殺」映像をサイト公開

 中国の公文書を管理する中国国家公文書局は7日、旧日本軍による「大虐殺が行われた」とする南京事件に関する当時の映像や写真などをまとめた映像を、同局サイト上で公開した。計7編からなる映像集の第1編。  南京市民や旧日本兵が撮った、「虐殺被害者の遺体」とされる写真などのほか、南京にいた外国人が撮影した日本軍部隊の映像や、戦後の極東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国労働争議に教員組合が合流

 中国の労働争議、こんどは教職員組合が全土的な連帯行動   小中学教師らが賃上げ要求の集会を各地で開催、全土に拡大中 ****************************************  11月下旬からの顕著な動きは教職員の賃上げ要求集会だ。  12月4日、河南省兔州市の市政府ビル前にふってわいたように数千の教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国大暴走】サンゴ密漁にみるインモラル横行 生態系を壊しかねない乱獲 ★(1)

【中国大暴走】サンゴ密漁にみるインモラル横行 生態系を壊しかねない乱獲 ★(1) 2014.11.11  傍若無人な中国漁船  「中国漁船が近年、日本近海でマグロの乱獲をしていると報じられてきましたが、数年前から赤サンゴの密漁も業界内で大問題だったのです」  こう語るのは、サンゴの「原木」入札が行われる高知県内のサンゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国突然の利下げをどう読むか?

 中国人民銀行、突然の利下げは「サープライズ」というより「季節外れ」   景気刺激策の定石も、この程度では効果が限定されると欧米経済誌 ****************************************  中国中央銀行は11月21日、唐突に利下げを発表した。一年物貸しだしを5・6%、一年物定期預金の上限を2・75…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成り金「土豪」が横行する中国

中国では今、「土豪」という新造語がはやっている。 日本語に意訳すれば、「泥臭い成り金」、 あるいは「あか抜けていない成り金」といった意味合いになる。 何らかのはずみで大金持ちとなった人が、 金のあることを露骨に誇示して世間の注目を集めようとしている。 こうした連中が、軽蔑と嘲笑の意をこめて「土豪」と呼ばれているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国海洋石油の野望

カナダのエネルギー会社、掘削技術企業っていうけれど   南シナ海の海底油田掘削は多国籍企業を装う中国海洋石油だ ***************************************  南シナ海はあちこち400ヶ所くらいで「海洋リグ」が稼働している。専門家の見立てでは同海域に眠る石油がフル生産にはいると、日量120万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海西端にある豪華別荘地の党幹部が自殺した

 波紋を広げる上海青浦区党工委書記の自殺。周永康汚職事件に連座か   同区の淀山湖に周永康の豪華別荘が建てられていたことが発覚した ***************************************  上海は広い。 青浦区は上海の西の外れ。水郷地帯で、太湖の美観が北に眺められる。別荘群が林立し、上海市内か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国、地方政府の債務のゆくえ

年内に償還期限を迎える地方政府の債務はいくらあるのか?    2013年六月末で17兆9000億元(邦貨換算322兆円) ***************************************  中国の不動産バブルの崩壊はいよいよ本格化する。 中国の「邯鄲の夢」は終わった。まさに河北省邯鄲で建設中の2000戸のマンシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国から海外へ消えた巨額資金(その2)

(承前)  中国から不正に海外へ流れたカネは3兆7900億ドル     外貨準備高より多いカネが不正に海外へでた勘定になる(その2) **************************************** (前号より続き)  なぜ中国人はドルを欲しがり、米ドルに固執するのだろう? 筆者の推測では次のような背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の巨額資金、海外逃亡(その1)

 中国から不正に海外へ流れたカネは3兆7900億ドル   外貨準備高より多いカネが不正に海外へでた勘定になるのだが。。。。。 ****************************************  グローバル・ファイナンシャル・インテグリティ(GFI,ワシントンの国際金融監視シンクタンク)の調査に拠れば、中国から不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more