衝撃の安藤美姫インタビュー テレ朝社長「信頼関係があって…」

 テレビ朝日の早河洋社長(69)が2日、6月度の定例会見を行い、1日夜放送の同局「報道ステーション」のインタビューで、フィギュアスケート女子の元世界選手権女王の安藤美姫(25)が今年4月に女児を出産していたことを独占告白したことについて、見解を述べた。

 
日本中に衝撃が走った驚きの告白から一夜。早河社長は「2005年からフィギュアスケートのグランプリファイナルの中継をしてきた。その時は浅田(真央)選手が優勝したと思うが、その時から浅田、安藤という選手は世界レベルの大会で両エースとして活躍してきて、大変思い入れの深い選手の1人だった。そういう信頼関係があって昨日のようなインタビューにつながったと思う」と経緯を分析した。

 インタビューを担当した同局の宮嶋泰子アナウンサー(58)については「いいインタビューだったと思う。アスリートにも信頼されるタイプですし、見ていて好感が持てた」と感想を述べた。

 ただ、インタビュー終わりに、古舘伊知郎キャスター(58)から「結婚はまだ?」と質問を受けた宮嶋アナが「これから。それはパートナーといろいろ整ってから」と返答。含みのある回答に「消化不良」との声も出たが、「それは(安藤の)登場した思いというか、そのことに触れるであろうことは覚悟していたと思う。ただ、その点(結婚)について聞くのは当然だと思うが、結婚しているのであれば、相手の方が出てきてもおかしくはない。(安藤は)自分自身がソチに行くために、本当のことを聞いてくれる人を探していたのではないか。だからといって、経過を全部話さないことは理解はできる」と理解を示した。
スポニチアネックス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック