本郷功次郎さんが心不全のため死去 74歳

 ドラマ『特撮最前線』の橘警部役や大河ドラマ『武田信玄』の甘利虎泰役などで知られる俳優の本郷功次郎さんが14日午前10時30分、心不全のため横浜市の病院で亡くなった。


74歳だった。同日、功次郎さんの次男で俳優・本郷壮二郎の所属事務所が発表した。


 通夜は17日、葬儀は18日に横浜市の自宅で親族のみの密葬で行われる。喪主は功次郎さんの妻、古城都(本名・本郷都)さん。後日、「本郷功次郎を偲ぶ会」が開かれる予定。

 壮二郎は「親父は昔からすごく厳しくて、自分に対しても教育の上では一切手抜きをしなかった。私にも絶えず正面からぶつかってきました。自分から見た親父は、役者ではなく、父でした。しかし、自分が役者を目指した時から先輩として、誰よりも光るものを与えてくれました。自分が迷っている時には『自分の感覚を信じろ』と。それが俳優・本郷功次郎の信念だったのでしょう。親父、ありがとう」とコメント。オリコン

"本郷功次郎さんが心不全のため死去 74歳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント