テーマ:ストックトレーディング株式会社

年始のご挨拶とメールマガジン終了について(愚息・元日興証券営業課長)

 あけましておめでとうございます。弊社ではこれまでリーマンショック以降、株式勉強会等を各地で盛んに開催するなどして日経225が10000円以下という歴史的な投資チャンスを生かすための活動をして参りました。  その後、東日本大震災の影響等も重なり、上昇に転じるまでには随分と時間を要することとなりましたが、その後の上昇期間も結果的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第103号(愚息・元日興証券営業課長)

日経JASDAQ平均の状況を見守って・・・ 11月の日経平均株価は、10月安値を下回ることなく推移しました。日足の一目均衡表上ではちょうど雲の下限まで株価が戻っている状態です。今後は10月安値を下振れないのであれば底練から雲を上に抜けていくのかに注目です。  一方の日経JASDAQ平均の日足は、日経平均同様の展開が期待できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第102号(愚息・元日興証券営業課長)

10月相場は日経JASDAQ平均が底割れ!  10月の日経平均株価は、月初に今年の最高値更新後に急落し7月安値を下回る場面もありました。週足の一目均衡表上の雲割れの場面もあり今後は遅行線の雲割れの可能性にも注意が必要です。今後は1月安値に迫る場面があるのかどうかも見ていく必要がありそうです。  一方の日経JASDAQ平均…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第101号

JASDAQ平均もトレンド転換なるか!? 9月の日経平均株価は、8月安値に迫る場面はなく底堅い展開、上値においてはこれまでの抵抗帯であった23000円を上抜き今年の高値を更新する形となりました。明らかにトレンドの変化が起こり年末相場への期待が高まった状態となっています。  一方の日経JASDAQ平均の方はトレンドの転換に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社

8月相場はレンジ相場に終わる!  8月の日経平均株価は、7月安値に迫る場面はなく、22000円前後で下げ止まり、上値においては23000円前後の戻りがあり、一時的には5月の戻り高値を上回る場面もありました。しかし23000円を上抜けて上昇することはなく跳ね返されたような展開でした。 一方、日経JASDAQ平均は、一時7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第99号

7月相場は直近安値更新後反発だが・・・  7月の日経平均株価は、想定していたように21000円に近ずく下落場面はあったものの、その後は23000円近くまで切り返す場面もありました。5月の安値は下回ったものの、3月安値を懸念するような下げにはならず、上値は23000円の抵抗線に阻まれるという展開でした。  一方、日経J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第98号

2番天井形成に注意か!? 6月の日経平均株価は5月の高値を窺う場面があったものの終わってみれば行って来いの展開となりました。5月の戻り高値に対して6月の高値が二番天井という捉え方です。そうなると今度考えられることは5月安値水準を下回る心配しておく必要があります。 5月の安値水準を下回ることになると日経平均は、21000円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第97号

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第97号 当面は様子見の時間!? 5月の日経平均株価は当面の高値を試す展開となりました。ほぼ先月予想していたように2月高値を奪回し、2月に空けた2つの窓の内1つを埋め、2つ目もあと僅かのところまではありましたが上昇はそこまででその後は反落に転じました。終わってみれば4月末の水準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第96号

今後の調整入りに注意か?  4月の日経平均株価は3月高値を奪回し、2月高値を窺う場面もありました。今後は今年2月に大きく下落した際に空けた2つの窓埋め期待がもてると思います。しかしその後も上昇期待がもてるわけではなく逆に注意しておくタイミングかもしれません。  日経JASDAQ平均の4月の動きは日経平均の堅調にも関わらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第95号

三月相場は調整継続・・・  2018年3月の日経225は2月安値を下回る場面があったものの月末には2月安値を上回って終わり短期的には底入れ形成となりました。今後3月安値を下回ってくるようだと20000円割れが意識されますが、これだけ国内外ともに悪材料満載の中においては踏ん張っているように感じます。  一方、日経DASDAQ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第94号

日経DASDAQ平均もようやく調整入り!? 2018年2月の225相場は、大きな調整となりました。昨年の10月水準まで下落しましたが、これは2016年の安値から続いた上昇分の約1/3を押した下落となっています。ここで注目すべきことは、現在下げ止まっている水準は2015年のアベノミクス後の高値水準であるということです。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第93号

2018年相場スタート!  2018年1月の225相場は、ほぼ先月の予想通りの展開となりました。年始から23000円を一気に超えると24100円台まで上昇する場面がありました。その後は調整入りとなり23100前後まで押し返される場面がありました。  一方、日経JASDAQ平均は、4000円を超えるとさらに勢いを増し4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

112回太平洋関西展

日経平均はアベノミクス後の高値に! 10月の日経平均株価は、11月のトランプ米大統領の初来日予定も手伝ってか、アベノミクス後の高値を抜いた後は、連騰記録も連日のように報道されて22000円レベルへと水準を切り上げました。これで先月申し上げたように、日経平均の27000円に向けた相場に現実味が出てきました。約2年半の調整を経た後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第92号

羽ばたけ2018年相場!?  今年も残り一週間余りとなりました。12月の日経平均株価は11月の安値を下回ることなく推移し、愈々今後上放れの展開が期待できそうなチャート形状となっています。23000円を窺いつつまだ超えていないことから、23000円を一気に上抜ける展開になるのではないかと思います。今後短期的にも24500円~250…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第91号

年末年始相場に大きな期待!? 11月の日経平均株価は、10月からの強い流れを引き継いで、23400円近くまで上昇する場面がありました。その後は22000円レベルまで調整しましたが、調整はここまでで月末に向けて再度23000円まで戻す場面もありました。TOPIXも同じような動きとなっています。今後は年末年始相場で全値回復から高値更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第90号

日経平均はアベノミクス後の高値に! 10月の日経平均株価は、11月のトランプ米大統領の初来日予定も手伝ってか、アベノミクス後の高値を抜いた後は、連騰記録も連日のように報道されて22000円レベルへと水準を切り上げました。これで先月申し上げたように、日経平均の27000円に向けた相場に現実味が出てきました。約2年半の調整を経た後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第89号

日経JASDAQ平均は中期目標達成! 9月の日経225相場は北朝鮮問題を睨みながら月初には、8月安値を僅かに下回る場面がありました。しかしながら、米国株式の堅調やドル高円安の下、衆議院解散、総選挙と選挙ムードが盛り上がる展開となり今年の6月高値を一気に抜き去り年初来高値更新となりました。売り方の青色吐息の展開はますます強くなりそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第88号

日経JASDAQ平均は中期目標値にほぼ到達 8月の日経225相場は北朝鮮問題が大きくクローズアップされ、前回想定していたように季節要因も手伝ってか20000円を割れ19300円程度までの下げがありました。売り方は「当然の成り行き」と騒いでいましたが、下げても4月安値にも届いていませんが大丈夫でしょうか。私は今の下げは毎年の恒例行事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第87号

季節要因からは注意が必要も買い場探し!?  7月の日経225相場はあと一日残しておりますが、これまでのところ20000円を挟んでの膠着相場となっています。「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」といいますが、加計学園等の国民の誤解を招きかねない問題がある以上やむを得ない動きなのかもしれません。  一方、7月の日経JASDA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社メールマガジン第86号

日経平均は20000円を奪回 6月相場は月初から20000円を奪回し、20000円を挟んで高値持合いの展開となりました。引け値でも20000円を超えてチャート面では非常に良い形になっています。今後は2015年6月のアベノミクス後の高値20952.71円への挑戦が近々あるのだろうと思います。  一方の日経JASDAQ平均も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第85号

独り言2 5月相場は月初から大きく窓を空けて上昇、今年の高値を更新して20000円を窺う展開になりました。中旬にその窓埋めをした後6月に向けての発射台完了となったようです。前回の独り言でも書いたように売り方はまだ負けを認めないようです。某経済チャンネルはなぜ日経平均の20000円のことばかりを報道し、日経JASDAQ平均の変化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第84号

独り言 4月相場は北朝鮮問題が噴出し、中旬まで下落したものの月末にかけて切り替えし月足でみると下髭の長い陽線で取引を終えています。昨年の11月に多くの株式評論家がトランプショックから大暴落すると騒ぎ立てたものの逆に16000円の水準は割り込まずに上昇しました。その後も上昇の都度、彼らはそろそろいいとこに来ていると言及し続ける中で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第83号

愈々新年度相場入りか!?  3月の日経平均株価はニューヨークダウが遂に11000ドルを付ける場面があったにも関わらず、所謂「籠池問題」からか引き続き方向感がですに3月の安値引けするという展開でした。しかし、一つだけ進展があったのは今年の大発会の高値を場中には更新する場面があったことです。愈々今週から名実共に新年度入りしますので期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第82号

日経JASDAQ平均の動きが日本株に光明を指すか!?  安東和博 早いもので2月もあと2日を残すのみとなりました。2月の日経平均はこれまでのところ今年の大発会の高値を抜けそうで抜けきらない状況が続いています。アメリカではダウが20000ドルに乗せたあとも高値更新が続いているのを見ていると寂しい思いがします。おそらく円ドル相場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第81号  安東和博

日経JASDAQ平均はアベノミクス後の高値更新  今年初めてのメルマガになります。1月の日経平均は大発会に大陽線を立てて上昇し、翌日に昨年12月高値を更新する場面がありましたが、その後は中旬まで下値模索しました。その後先週末まで戻しを演じているもののまだ高値更新とはなっていません。今月はあと2日残しているため1月を終えた時点で月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のご挨拶  安東和博

あけましておめでとうございます。 今年は「酉」年です。相場の格言では「申酉騒ぐ」と言われ、「戌で笑う」と続きますが、騒ぐ2年間の内の2年目ということになります。昨年は格言通り騒がしい出来事があったものの、1年を通じてはアベノミクス後のグレイトローテーション継続に希望が持てる年となりました。 今年は騒がしい出来事があったとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第80号

失われた1年から希望の1年へ!? 今年、最後のメルマガとなりました。年末まではまだ1週間ほどありますが、今年の総括を中長期チャート面からしておきたいと思います。12月の日経平均は、今年1月の高値を更新し、いよいよ昨年12月高値(昨年の高値後の戻り高値)にトライの準備ができてきたように思います。今後の焦点はその12月高値を更新後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第79号

来年・酉も騒ぐか!? 11月の日経平均は、中期的には19000円レベルへの戻しがあると第76号や前回にも前述してきた流れとなり、18746円までの戻しとなりました。(トランプ氏が次期大統領予定者となること以外はほぼ想定通りの動きとなりました。)トランプリスクへの過度の警戒からの巻き戻しとなり、米株高、米長期金利上昇から円安の流れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第78号

日経JASDAQ平均はアベノミクス第2章入りを暗示か!? 10月の日経平均は、週足がゴールデンクロスしたのに合わせて17000円を突破し、目先は4月高値の17572円から18000円へのチャレンジがあると思います。さらにこのレンジでの動きが固まれば、第76号で前述したように中期的には19000円レベルへの戻しがあると思います。戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第77号

ストックトレーディング株式会社 メールマガジン第77号 日経225週足はゴールデンクロスか!?  日経225の9月相場は、8月高値を僅かに更新し、また8月安値を下回らなかったことから堅調地合いが続いています。一方、日経JASDAQ平均はさらに堅調で6月に大きく調整した後の7月の戻り高値を更新し上昇意欲を感じさせる状況です。油断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more