テーマ:都知事選

二人のゾンビ小泉氏と細川氏

序章「都知事選の椿事」  前職の猪瀬直樹知事の5000万円受領不祥事による辞任に伴う東京都知事選挙は、1月23日に公示された。選挙は2月9日に行われる。候補届出者は16名にも及んでいるが、その中で一人特に目を引く人物がいる。第79代内閣総理大臣(1993~1994)の細川護煕氏である。今回彼は無所属で立候補し、しかも彼を全面バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舛添氏リード3位細川氏

2位宇都宮氏と追う    ■読売 都知事選の世論調査 予想された情勢調査で新味はない。強いていうなら共産党と社民党が推 す前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏が、元首相の細川護熙氏と横一線 ながら僅かにリードしている点だ。 細川元首相と小泉元首相がシングル・イッシューの争点にした原発ゼロ は、不発に終わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロは中共を利するもの

東京都知事選挙で都政事案ではない「原発ゼロ」を主唱する候補者がい る。 彼らは原発活用を中止させ、日本を弱体化させる策略に加担させられ ているのではないか。 例えば、次のような補助線を引いて、彼らの言動を見てゆけば、数年前の 政権交代劇などのように、騙されることが少なくなるのではないだろうか。 日本はスパイ天国と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細川氏“古傷”再燃も 佐川問題、陳謝 へ

2014.1.21 付けの産経新聞は東京都知事選(2月9日投開票)について選 挙は、「5千万円受領問題を受けた猪瀬直樹前知事の辞職に伴うものだけ に「政治とカネ」の問題がクローズアップされている。 こうした中、出馬の意向を示す元首相の細川護熙氏(76)も、かつて佐川急便からの借り入 れ問題で結果的に内閣総辞職に追い込まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉“原発集中選挙”が早くも頓挫

細川の「五輪返上論」の焦点化確実 不偏不党を標榜しているのが全国紙各社だが、細川護煕立候補の都知事選 をめぐってなりふり構わぬアンフェアぶりを示し始めた。そのトップを走 るのが朝日新聞であり、社説で原発ゼロの争点化をもろ手を挙げて歓迎。 これに毎日と東京が追随する。 朝日は紙面構成の照準を明らかに「細川寄り」に定め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相も国会議員も投げ出しの過去 細川氏

細川護煕元首相は過去、旧熊本藩主細川家と五摂家筆頭近衛家の血筋を引 く華麗さを背景に「新党ブーム」「政権交代」の火付け役として常に脚光 を浴びてきた。その一方で、職を途中で投げ出す癖もあった。 「60歳を区切りにしようと思ってきた。ここが区切りのつけ時と判断し、 辞職を決意した」 16年前の平成10年4月、民主党結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上彰氏が逆提案「細川さんが出た方が…」

2014.1.10の産経新聞は細川氏からの出馬打診に池上彰氏が「細川さんが 出た方が…」と逆提案していた、と報じた。それで細川氏に何かが芽生え たらしい。 <東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投 開票)で、都議会自民党は9日の総会で、舛添要一元厚生労働相(65)の 推薦を決めた。石破茂幹事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなる自公候補者調整 選考は難航か  岡田 浩明

東京都の猪瀬直樹知事の辞職表明に伴い2月上旬に想定される都知事選 で、安倍晋三首相(自民党総裁)は公明党との連携を重視して候補者擁立 を進める考えだ。 ただ、過去の都知事選では、自公両党が推した候補は敗北するという“ジ ンクス”もささやかれる。政党色を嫌う無党派が多く、知名度が勝敗を分 ける「人気投票」の色合いもあるた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<都知事選>13年半ぶり「顔」交代…告示

 政党がめまぐるしく離合集散を繰り返す中、東京都知事選が29日告示された。 投開票日(12月16日)が衆院選と重なる初のダブル選に、立候補者だけでなく主要政党の党首クラスの演説も熱を帯びる。13年半ぶりに代わる「首都の顔」に何を期待するか。新銀行東京の再建や五輪招致を継続すべきか。原発政策が争点になっている点をどう考えるか--…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more